プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通デジタル

【電通デジタル】LINEの法人向けパートナーの認定制度において、2期連続最上位の「Diamond」に認定

2019年2月13日

株式会社電通デジタル

電通デジタル、LINEの法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する
「LINE Biz-Solutions Partner Program」の「LINE Account Connect」部門において、
2期連続「Sales Partner」最上位の「Diamond」に認定
~「Sales Partner」認定を含め全3部門認定~

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下 電通デジタル)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)が提供する各種法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する「LINE Biz-Solutions Partner Program」の全部門において認定されました。「LINE Account Connect」部門において「Sales Partner」最上位の「Diamond」、「LINE Ads Platform」部門の「Sales Partner」において「Silver」、さらに今回から新設された「LINE Sales Promotion」部門において「Sales Partner」の認定を受けました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902133101-O1-65CI2Vv2
 
「LINE Biz-Solutions Partner Program」は、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入された、「LINE Account Connect」「LINE Ads Platform」「LINE Sales Promotion」の各プロダクトにおいて、広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するプログラムです。この度の認定より、新たに店頭販促ソリューション「LINE Sales Promotion」もプログラムに追加されました。

「LINE Account Connect」部門は「Sales Partner」「Planning Partner」「Technology Partner」の3カテゴリーにおいて、「LINE Ads Platform」部門は「Sales Partner」「Technology Partner」の2カテゴリーにおいて、「LINE Sales Promotion」部門は「Sales Partner」認定が行われます。

この度、電通デジタルが認定された「LINE Account Connect」部門の「Sales Partner」は、LINE公式アカウントを中心軸とした広告商品、およびAPI関連サービスを販売するパートナーです。LINE公式アカウントを中心とした広告サービスを対象とし、売上金額やアカウントの新規開設件数、保有しているアカウントの平均Push(IFAなど含む)配信数などを基準に認定され、特に優秀なパートナーは各部門において「Diamond」「Gold」「Silver」「Bronze」として表彰されます。認定パートナー各社には、そのランクに基づき、新プロダクトの優先案内や営業サポート、LINE主催イベントへの招待などの特典が付与されます。

また、電通デジタルはこの度、「LINE Ads Platform」部門の「Sales Partner」において「Silver」を、今回から新設された「LINE Sales Promotion」において「Sales Partner」の認定も受けました。

電通デジタルは「LINE Sales Promotion」の「Sales Partner」認定に先駆け、販促・店頭領域のデジタル・ソリューションをグループ横断で推進するプロジェクトチーム「Boostore(ブーストア)」を本格的に始動しました。電通デジタル、株式会社電通、株式会社電通テック三社の連携により、包括的なソリューションの開発・提案を行います。国内MAU7,900万ユーザーを保有するLINEの中で、「LINE Sales Promotion」で得られた販促領域における生活者行動データと、電通グループの保有する人基点のデータ「People Driven DMP※」を掛け合わせながらマーケティング施策を推進し、ビジネス成長をサポートします。

電通デジタルは今後も、LINEをデュアルファネルで活用したマーケティング施策を実施し、事業会社に最適なソリューションを提供してまいります。

※:People Driven DMP
People Driven DMPは、PCやスマートフォン由来のオーディエンスデータと、テレビの視聴ログデータ、WEB広告接触データ、OOH広告接触データ、ラジオ聴取ログ、パネルデータ、購買データ、位置情報データ等を人(People)基点で活用することができる、People Driven Marketingのデータ基盤です。さらなる強化のために、People Drivenパートナーシッププログラムを通じ、「メディア/コンテンツ」「デジタルプラットフォーム」「EC・購買」「パネル/メジャメント」「位置情報」などの各種パートナーと、データやテクノロジーの連携によるビジネス・アライアンスを推進しています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ