プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富士ゼロックス株式会社

クラス最小サイズモデルを含むA3モノクロプリンターでオフィスや窓口業務の生産性を向上

2019年2月12日

富士ゼロックス株式会社

クラス最小サイズモデルを含むA3モノクロプリンターでオフィスや窓口業務の生産性を向上
―高速性と高耐久を両立し、基幹業務用途にも対応―

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長: 玉井 光一)は、A3デスクトップモノクロプリンターの商品ラインアップを8年ぶりに一新、クラス最小サイズでデスクサイドや窓口業務の生産性を支える「DocuPrint(ドキュプリント) 3200 d」(32枚/分[*1])、「DocuPrint 3500 d」(38枚/分[*1])と、高速・高耐久で、基幹業務向け「DocuPrint 4400 d」(45枚/分[*1])の3機種を、2019年2月28日より発売します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902083002-O1-ef8KED46 】     
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902083002-O2-6qyLqJ96 】     
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902083002-O3-SDJ0HcWk
(画像左から)DocuPrint 3200 d、DocuPrint 3500 d(フェイスアップトレイ装着時、DocuPrint 4400 d(トレイモジュール(550×3段)、専用キャスター台装着時)

【たよれる】
3機種ともに自動両面印刷を標準搭載し、さらに、180万ページ[*2]の耐久性を発揮します。はがきなどの小サイズ紙からA3サイズ、最大297×1200mmの長尺用紙[*3]まで、最少60g/m2の薄い普通紙/再生紙から最大220g/m2までの厚紙など、幅広い用紙対応力を備えています。オプションのトレイモジュールを追加することで最大2,300枚[*4]の給紙が可能で、オフィスのセンターマシンとして、また基幹業務向けの大量出力ニーズにも応えます。
さらに、特殊なサイズの用紙を、事前設定なしに印刷可能です。「サイズ不一致時の処理」をONにすることで、プリント指示したサイズとトレイの用紙サイズに違いがあってもプリントできますので、たとえば領収済通知書や払込取扱票といった非定形サイズの用紙でも個別設定が不要。スピーディーにプリント指示が行えます。

【あんしん】
データ・プライバシー・デバイス保護の観点から、よりセキュリティー機能を強化しました。多様化・巧妙化を続けるさまざまなセキュリティー脅威に対応し、ネットワーク通信の安全対策、プリンターのハードディスクの安全性をさらに強化し、ハードとソフトの両面でセキュリティーを充実することで、堅牢なオフィスのセキュリティー環境を実現します。さらにプリンター本体に2つの異なるネットワーク回線を接続させることができるため同一オフィス内でも通信を分けて利用し、よりセキュアな環境のご提供が可能となりました。
また、当社プリンターとして初めて、4.3インチのタッチパネルを搭載したサーバーレス認証アダプター「Authentication Adapter with Touch Panel」[*5]に対応(オプション)。ICカードや認証IDによるプリント認証により、ユーザーのプリントジョブ一覧を表示して、ジョブの選択、部数の変更、ジョブの削除などがより簡単に利用でき、共有プリンターとして利用する際にプリント置き忘れを防ぎ、紙からの情報漏えいを抑止します。

【ちいさい・しずか】
省スペース・ローフォルムデザインを採用した事でA3モノクロプリンターとしてはクラス最小の外形高さ263mm[*6]、A4縦高さに収まるコンパクトサイズで、書類ラックやデスク横など設置場所を選びません。しかも軽量[*6]で、Wi-Fiに対応していますので、気軽に置き場所を変更できます。さらに、給排気ファンの動作音や、通紙の音を用紙搬送経路の最適化により小さくし、機外への音漏れ対策をしたことにより、トップクラスの静音性能[*7]を実現していますので、各種窓口やデスクサイドの出力業務の生産性向上に貢献します。

富士ゼロックスはこれからも、オフィスの生産性向上を支援する商品を通じて、価値提供戦略「Smart Work Innovation」の提供価値のひとつ「制約からの解放」を実現、お客様の業務改善に貢献します。

*1: A4ヨコ片面、連続出力時
*2: 耐久性は、印刷可能ページ数。DocuPrint 4400 d / DocuPrint 3500 d の場合。DocuPrint/ 3200 dは120万ページ。
*3: 走行可能な長尺紙は、210×900 mm、297×900 mm、297×1200 mm。
*4: DocuPrint 4400 dの場合は最大2300枚、DocuPrint 3500 d / 3200 dの場合は最大2000枚の給紙が可能。ともに標準+トレイモジュール(550×3段)が必要
*5: Authentication Adapter with Touch Panelを利用する際には、オプションの機能拡張キット(ハードディスク)が必要です。
*6: DocuPrint 3500 d 、DocuPrint/ 3200 dは幅499.4×奥行388.0×高さ262.6 mm。質量15.8kg(消耗品含まず)。DocuPrint 4400 dは幅499.4×奥行388.0×高さ320.0 mm。質量17.4kg(消耗品含まず)。
*7: 2018年12月1日現在。A3モノクロプリンター32枚/分クラス。動作音は、DocuPrint 3200 dが50db、DocuPrint 3500 d、DocuPrint 4400 dは53db。

【標準価格】
商品名 標準価格(税別)
DocuPrint 3200 d 128,000円
DocuPrint 3500 d 158,000円
DocuPrint 4400 d 218,000円
Authentication Adapter with Touch Panel 98,000円

DocuPrint 3200 d
DocuPrint 3500 d(フェイスアップトレイ装着時)
DocuPrint 4400 d(トレイモジュール(550×3段)、 専用キャスター台装着時)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ