プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大阪マラソン組織委員会

「第9回大阪マラソン」チャリティ寄付先団体を決定しました

平成31年2月1日

大阪マラソン組織委員会事務局

「第9回大阪マラソン」チャリティ寄付先団体を決定しました

 大阪マラソン組織委員会は、寄付先団体を広く募ることにより「チャリティマラソン」としての支援の輪を広げ、チャリティ活動のさらなる発展とチャリティ文化の普及をめざしています。 
 このたび、第9回大阪マラソン(2019年秋開催)に向け、チャリティ寄付先団体の公募を実施し、選考を行った結果、以下のとおりフラッグシップパートナー(大阪マラソンの7つのチャリティテーマに沿った活動を実施している団体)14団体、チャレンジパートナー(各団体の活動テーマ・内容に沿った多様なチャリティテーマで活動する団体)18団体を決定しましたので、お知らせします。

1.第9回大阪マラソンチャリティ寄付先団体一覧
※寄付先団体の詳細については、添付資料(PDF)及び下記の大阪マラソン公式大会
ホームページをご覧ください。

http://www.osaka-marathon.com/2018/charity/contribute2019/

2.応募団体数
 70団体

3.選定理由(講評)
 大阪マラソンのチャリティテーマに沿った活動(フラッグシップパートナー)や各団体のテーマに沿った活動(チャレンジパートナー)を行い、企画、広報計画、募金活動等について、大阪マラソンに積極的に協力いただける提案が評価されたため。

4.選考
  大阪マラソン組織委員会 チャリティ専門部会(第23回)を開催し、選考を行った。
  日時:平成31年1月18日(金曜日) 10時から12時まで
  場所:読売新聞大阪本社
  委員:橋爪 紳也(大阪府立大学 観光産業戦略研究所長)※座長
     杉本 厚夫(関西大学 人間健康学部教授)
     橋本 誠司(読売新聞大阪本社 取締役事業本部長)
     佐藤 大吾(一般財団法人ジャパンギビング 代表)
     安達 知希(電通関西支社 ソリューション・デザイン局)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ