プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大島椿株式会社

【3/1新発売】椿油と美髪成分配合『大島椿ヘアエッセンス』ーー 軽やかにまとまる、なめらか美髪へ

2019年1月31日

大島椿株式会社

椿油と美髪成分“補修コンプレックス”配合
軽やかにまとまる、なめらか美髪へ『大島椿 ヘアエッセンス』3/1新発売

椿油専門メーカー 大島椿株式会社(東京都港区/代表取締役社長:岡田一郎)は2019年3月1日、ミルクタイプの新商品「大島椿 ヘアエッセンス」を発売いたします。

椿油の3つの効果<保湿><柔軟><保護>のうち、<柔軟(弾力があり、しなやかなこと)>効果に着目、椿油専門メーカーならではの植物由来成分にこだわった美髪成分“補修コンプレックス※”を配合した処方で、傷んだ髪を補修しツヤとうるおいを与え、指どおりなめらかに毛先まで軽やかにまとまる髪へ導きます。
大島椿ヘアケアシリーズ初のミルク状となっており、ベタつきにくく、なめらかな使用感。椿油愛用者だけでなく「椿油は使い方が難しそう」といったこれまで椿油を使ったことのない方にもおすすめです。容器は使いやすいポンプ式となっています。

※ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ツバキ種子エキス

商品概要
■ 商品名   大島椿 ヘアエッセンス  
■ 発売元   大島椿株式会社
■ 容量/価格 100mL/オープンプライス
■ 発売日   2019年3月1日
■ 販売場所  全国の薬局・薬店、ドラッグストア、バラエティショップ、公式オンラインショップ、ECモール
■ 商品紹介URL https://ost.oshimatsubaki.co.jp/products/hairessence/

製品特徴
椿油配合
■椿油の3つの効果<保湿><柔軟><保護>髪にツヤとうるおいを与え、静電気を抑制。
 紫外線(UVB)や熱などのダメージから髪を守ります。
■特に<柔軟>効果に着目し、手触りのよいなめらかな髪へ導きます。

植物由来成分にこだわった3つの美髪成分“補修コンプレックス※”配合
■キューティクル補修成分 — キューティクルのめくれあがりを抑え、ダメージを補修します。
■浸透補修成分 — 毛髪内部にすばやく浸透し、ダメージを補修。髪の強度を高め、ハリ・コシUP
■保湿成分 — うるおいを与えダメージを軽減します。

なじみやすくベタつきにくいミルクタイプ
■指どおりなめらかに、毛先までまとまります。
 乾いた髪に使うと美髪成分がなじみやすく、より効果的

容器は使いやすいプッシュタイプ
■自分の適量を決めやすいプッシュ式で生活に馴染むシンプルなデザインの容器です。

大島椿の歴史

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901292645-O5-ecIN6oTS
大島椿株式会社の始まりは、創業者の岡田春一が大学の卒業論文を書くにあたり訪れた伊豆大島で、美しく雄大な自然に感動し、島の発展と開発に一生を注ぐ決意をしたことから始まります。ヘアケア製品が充実していない時代にも関わらず伊豆大島の女性たちの髪はつやつやと輝いており、その秘密が椿油にあると知った岡田は1927年(昭和2年)に合資会社大島椿製油所を設立し、「大島椿」の販売を開始。それ以来、椿油専門メーカーとして椿油100%にこだわり、香料や保存料などを一切使用しない商品「大島椿」は、ヘアケア、スキンケア、頭皮ケアとマルチに利用でき、化粧品大手口コミサイトや雑誌ランキング等で上位入りするなど高く評価を受けています。母から娘、娘から孫へ、世代を超え長きにわたって愛用されるロングセラー商品となっています。

大島椿ヘアエッセンス_キービジュアル
ミルクタイプで容器は使いやすいプッシュ式
椿油100%大島椿
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ