プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ランゲージワン株式会社

ランゲージワン『不動産多言語まるごとサポート』で不動産事業者と在留外国人とのコミュニケーションを支援

2019年1月30日

ランゲージワン株式会社

多言語コールセンターのランゲージワン株式会社は 12ヶ国語対応の『不動産多言語まるごとサポート』で不動産事業者と在留外国人との円滑なコミュニケーションをお手伝いします

ランゲージワン株式会社(代表取締役社長:新井純一、本社:東京都渋谷区、以下ランゲージワン)は不動産賃貸事業者向けに、在留外国人との賃貸契約における物件案内・契約・アフターケアまでのコミュニケーションをオールインワンで支援する、12ヶ国語対応の『不動産多言語まるごとサポート』電話通訳サービスを提供いたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901282579-O2-L8Yw24Q8

日本国内の在留外国人(特別永住者・中長期在留者)は年々増加傾向にあり、2018年6月末時点で前年度比2.9%増の263万7251人となりました。(法務省発表
これに伴い、在留外国人による日本国内での不動産賃貸ニーズが高まっています。

在留外国人の大きな悩みの一つに、不動産物件の確保と入居手続きにおける日本語の壁があります。
一方不動産賃貸事業者には、日本語が不自由な外国人入居者との円滑なコミュニケーションの確保と、文化・生活習慣の違いによる近隣住民とのトラブルへの対応が課題となります。

ランゲージワンは不動産ビジネスに精通した高品質の不動産電話通訳『不動産多言語まるごとサポート』で、不動産賃貸事業者と外国人入居者双方のお悩みとトラブル解決のお手伝いをいたします。

ランゲージワンの『不動産多言語まるごとサポート』は、24時間365日稼働 12ヶ国語対応(英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、ヒンディー語、ロシア語)の電話通訳サービスで、在留外国人入居希望者と不動産賃貸事業者間の賃貸契約プロセスを、物件紹介から契約手続き、入居後のアフターケアまでオールインワンでサポートいたします。

【不動産多言語まるごとサポートができること】
 ・物件の紹介、現地案内説明の通訳
 ・賃貸契約時の通訳
 ・退去立会い時の通訳
 ・緊急トラブル(鍵や水回りなど)駆け付け時における通訳
 ・文化、生活習慣の違いによる近隣住民からの日本語でのクレーム受付対応
 ・契約書やルームガイドなどの翻訳
 ・不動産事業者 Webサイトや動画の多言語化など

【対応言語および対応時間】
 ●24時間365日
  英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語
 ●平日9時~18時
  タイ語・ベトナム語・インドネシア語
  ネパール語・タガログ語・ヒンディー語・ロシア語

【不動産多言語まるごとサポートの導入メリット】
 ●日本語を全く話せない外国人入居希望者にも安心対応
  ・物件紹介時の細かい説明も楽々
  ・契約時は不動産ビジネスに精通した通訳スタッフが契約内容を確実に説明
 ●顧客満足度UP!
  ・母国語による円滑なコミュニケーションで、外国人入居希望者も大満足
 ●大家さま、不動産管理会社さまの負担を軽減
  ・鍵や水回りのトラブルなど、もしもの時でも “一括お任せ対応”
    外国人居住者から状況を直接ヒアリング → そのまま駆け付け業者に出動依頼
    駆け付け業者到着後、外国人居住者と業者間の通訳までトータルサポート
  ・近隣住民などからの日本語のクレームには24時間365日対応
 ●支援コンテンツの提供でトラブルを未然に回避
  ・「日本生活ガイドブック」など多言語翻訳コンテンツの作成
   (スマートフォンで読める「QRコード」付き PDFファイルの作成など)
  ・住居設備や備え付け家電機器などの多言語操作説明動画の作成

【不動産多言語まるごとサポートの強み】
 ・12ヶ国語の豊富な対応言語
 ・BCP対策が施された堅牢な施設と安心のセキュリティ管理
 ・オペレーターは外国語スキルだけでなく日本語能力試験 N1スキル保有者多数
 ・多言語翻訳の「日本生活ガイド・ルールブック」など支援ツールも充実
 ・不動産賃貸事業者 Webサイトや動画の多言語化なども承ります

【参考】
 ◆ランゲージワン株式会社
  『不動産事業者さま向け多言語まるごとサポート』
   https://www.languageone.qac.jp/real-estate/

引き続きランゲージワンは、多言語コールセンターサービスの提供を通じて、企業・官公庁のご担当者と在日・訪日外国人との外国語でのコミュニケーション向上をお手伝いしてまいります。

【本リリースに関するお問い合わせ】
 ランゲージワン株式会社
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
 お問い合わせフォーム:https://www.languageone.qac.jp/contact/

ランゲージワン株式会社はキューアンドエーグループの関係会社です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901282579-O9-30ghFka1

『ランゲージワン不動産多言語まるごとサポート』
『ランゲージワン不動産多言語まるごとサポート』のできること
24時間365日稼働 12言語対応
『ランゲージワン不動産多言語まるごとサポート』の導入メリット
『ランゲージワン不動産多言語まるごとサポート』の強み
キューアンドエーグループ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ