プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人立教学院

2/23 国谷裕子氏と考える「新しいモノサシSDGsで世界、地域を考えよう」立教大学主催@陸前高田市

キャスター・国谷裕子氏と考える
2/23 「新しいモノサシSDGsで世界、地域を考えよう」開講 
立教大学主催 岩手県陸前高田市民向け講座

立教大学(東京都豊島区、総長:郭 洋春)は、2月23日(土)、岩手県陸前高田市の市民を対象とした
「2018年度立教たかたコミュニティ大学」の第4回講座において、
キャスターの国谷裕子氏をお招きし、「新しいモノサシSDGsで世界、地域を考えよう」講座を開催します。

【立教たかたコミュニティ大学講座とは】
岩手県陸前高田市の協力のもと開設された、陸前高田グローバルキャンパス(岩手大学・立教大学共同運営交流活動拠点。2017年4月開設。愛称:たかたのゆめキャンパス)で展開される、
立教大学陸前高田サテライト主催の陸前高田市民向けのプログラム。2018年度は、<いきる>をテーマに全4回の講座を開催、今回が年度最終の第4回講座となります。

【開催概要】
 ■第4回講座
名 称:新しいモノサシSDGsで世界、地域を考えよう
主 催:立教大学陸前高田サテライト  共 催:陸前高田グローバルキャンパス 
後 援:岩手県陸前高田市、陸前高田市教育委員会
日 程:2019年2月23日(土)  13:00-14:30
会  場:陸前高田市コミュニティホール
       (岩手県陸前高田市高田町字栃ヶ沢210番地3)
内 容:いま世界は、SDGsという新しいモノサシを手に入れました。
        2015年9月国連全加盟国によって採択された「持続可能な開発目標SDGs」の
        2030年達成を目指し、世界中の政府、自治体、企業、民間団体などが
        様々な活動を行っています。なぜSDGsは生まれ、そしてこの共通目標、
        共通のモノサシを私たちはどう使いこなせばよいのでしょうか。
        地球の、そして地域の持続性確保を目指して、SDGsを考えます。
講 師: 国谷 裕子
        (東京藝術大学理事、慶應義塾大学特任教授、キャスター)
申込み: 2月4日(月)から、陸前高田グローバルキャンパスで入場整理券を配布。
        開館時間等はHP (https://rtgc.jp/)ご参照。

「新しいモノサシSDGsで世界、地域を考えよう」チラシ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ