プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

花王グループ・技術イノベーション広報事務局

花王グループの技術イノベーション 実用化第一弾 花王史上最高の洗浄基剤「バイオ IOS」の商品化を発表

2019年1月23日

花王グループ・技術イノベーション 広報事務局

花王グループの技術イノベーション 実用化第一弾
花王史上最高の洗浄基剤「バイオ IOS」の商品化を発表
衣料用濃縮液体洗剤『アタック ZERO(ゼロ)』 を4月1日に発売

 花王株式会社(社長・澤田道隆)は、2019年1月23日、花王史上最高の洗浄基剤「バイオ IOS」を主成分とし、これまでの洗浄の概念をぬり変える衣料用濃縮液体洗剤 『アタック ZERO(ゼロ)』を発表しました。
 「バイオ IOS」は、昨年11月に「花王グループ・技術イノベーション説明会」で紹介された新技術のひとつ。『アタック ZERO』は、その「バイオ IOS」を採用した商品の第一弾になります。花王は、10年以上の歳月を費やして開発した「バイオ IOS」で、洗浄分野においてイノベーションをもたらします。

■1月23日・発表会当日の模様
 はじめに、代表取締役 社長執行役員 澤田 道隆は、「本日は、驚きのある洗剤を数々提案してきた花王から、究極の洗浄イノベーションを提案します。花王史上最高の洗浄基剤である『バイオ IOS』の特徴は大きく2つ。ひとつは『ゼロ洗浄』です。汚れにすばやく吸着し、繊維から汚れを引き離します。『汚れがゼロ』になれば、においのもとがなくなることになり、抗菌剤を使わなくても、抗菌剤使用以上の効果『においゼロ』を可能にします。また、『バイオ IOS』は汚れを除去したのち、水にすばやく移行するので、衣類の『洗剤残りゼロ』にも限りなく近づきます。そしてもうひとつが『サステナブル』であるということです。パーム油を採取する際の搾りカスを原料とした、これまでにない『サステナブル』な洗浄基剤です。『バイオ IOS』は、花王グループが総力を挙げて開発した、花王史上最高の洗浄基剤です。ある意味、不可能を可能にする、世界に誇れる技術イノベーションであると考えます」と、「バイオ IOS」に込める思いを力強く語りました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901232483-O2-L9qR47Hn
花王株式会社 代表取締役 社長執行役員
澤田 道隆

 次に、ファブリックケア事業部長 中尾良雄が登壇し、今回発売する『アタック ZERO』について商品説明を行い、「アタックは発売以来30年にわたり、家事や社会、衣類の変化を見つめて商品を発売してきました。昨今の化学繊維の増加、詰め込みや節水などのお洗たくの変化、汚れの多様化など、現代の洗たく環境は大きく変化しています。そのような変化により、くすみやニオイの原因である汚れが蓄積される負のスパイラルになっていました。『アタック ZERO』は、究極の洗浄パフォーマンスを発揮する『バイオ IOS』を採用することで、衣類の汚れもニオイも洗剤残りもゼロという『ゼロ洗浄』をめざしました。さらに、『バイオ IOS』は使えば使うほど衣類に蓄積されていた汚れが落ち、衣類がよみがえるという効果もあるのです。『アタック ZERO』は、花王初のドラム式専用ラインも提案します。また、計量、開封の煩わしさを解消したワンハンドプッシュをラインアップに追加するなど、多様化するライフスタイルにも対応します。私どもは、お客様が「キレイ!うれしい!気持ちいい!」を実感する瞬間を想像し商品をつくってまいりました。『アタック ZERO』は、今までの洗剤以上に喜びの声をいただけると思っています」と、『アタック ZERO』を紹介しました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901232483-O3-3h2mAOLJ
花王株式会社 ファブリックケア事業部長
中尾 良雄

 続いて、ハウスホールド研究所長 岡野哲也より、「バイオ IOS」について説明を行いました。「『バイオ IOS』は、花王が長い年月をかけて洗浄基剤の理想の姿を追い続け、ようやく完成させたものです。界面活性剤において、洗浄に求められる油になじむ性質と水に溶ける性質の両立は、難しいとされています。『バイオ IOS』は、その両立を高いレベルで実現。繊維の汚れに作用し、かつ速やかに水に溶けるという『ゼロ洗浄』を可能にしたのです。『アタック ZERO』は花王のこれまでの界面活性剤研究、そして洗剤研究の知恵と工夫を全て注ぎ込んで作ってまいりました。自信を持ってご提案する、未来に続く新しい洗剤です」と、その洗浄力の高さをアピールしました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901232483-O4-qaS7T7G1
花王株式会社 ハウスホールド研究所長
岡野 哲也

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901232483-O5-VGjslaTE
事前にそれぞれの洗剤で、10回洗浄したモデル布を使用

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901232483-O6-UU26K4x8

【バイオ IOSの特長】
◎汚れに吸着し、洗浄後の対象物にも残らない 
 「バイオ IOS」は油によくなじみ、水にもよく溶ける特殊な構造を持ち、汚れを除去した後すぐ水に移行するため、洗浄後の対象物にも残らない画期的な洗浄基剤です。グローバルな厳しい使用条件下(低温度下、高硬度水)でも、水によく溶けて高い洗浄力を実現します。

◎サステナブルな未来の洗浄基剤
 「バイオ IOS」は、アブラヤシの実から食用のパーム油を採取する際の搾りカスを原料とした、これまでにないサステナブルな洗浄基剤です。パーム油は、世界で流通する天然植物油脂原料の中で、最も多く使用されている汎用の油脂です。そのパーム油を採取する際の搾りカスである長い炭素数の固体性状油脂は、その用途が限られていましたが、「バイオ IOS」というファインケミカル原料として有効に活用できるようになりました。グローバルで洗浄へのニーズが高まる中、「バイオ IOS」は、これまでほとんど使われなかった油脂原料を有効活用できる、次世代を担うサステナブルな洗浄基剤といえます。
 
 花王の長年の研究知見、製造技術によって生まれた「バイオ IOS」は、洗浄基剤としての大きな可能性を有しています。「アタック ZERO」での展開に続き、今後は、ユニークな界面活性剤としての応用の可能性を広く探索、特長あるグローバル界面活性剤として位置づけられるよう研究を続け、さまざまな角度からの連携を進めます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ