プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人同志社 同志社大学

一神教学際研究センター講演会「平和のための教育とは-イスラエルと日本の中学生調査の比較から-」開催!

2019年1月23日

学校法人同志社 同志社大学

一神教学際研究センター講演会「平和のための教育とは-イスラエルと日本の中学生調査の比較から-」開催!

1月21日、同志社大学今出川キャンパスで、一神教学際研究センター公開講演会「平和のための教育とは-イスラエルと日本の中学生調査の比較から-」を開催しました。
 今回は、村上登司文氏(京都教育大学教育学科教授/研究推進担当副学長)を講師に招き、原爆が落とされた歴史がある日本と、ホロコーストの惨禍の歴史があるイスラエルにおける「平和のための教育」を比べ、第二次世界大戦が子どもたちにどのように伝えられ、彼らがいかなる平和意識を持ち、平和な社会や国際関係をどのように形成しようとするかについての講演をしていただきました。
 お話は、演題に係るライフヒストリーおよび研究手法、消極的平和と積極的平和、平和教育の概念の分類などの説明からはじまり、国別(イスラエル、日本、イギリス、ドイツ)の平和教育および意識調査の比較結果を紹介されました。村上氏は「『平和な社会形成』には基本的人権、平等、安全、公正、共生が実現される必要がある。具体的には、あるべき平和像について子どもたちがイメージを構想し、平和な社会の形成に向けて希望を持って社会参加する意識や態度や行動力を育てることによって、平和的な教え方や雰囲気を大切にすることが重要である」と述べられました。講演後、活発な質疑応答が行われました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901222458-O2-as2QbsQ2

同志社大学一神教学際研究センターについて
一神教学際研究センター(The Center for the Interdisciplinary Study of the Monotheistic Religions、略称:CISMOR)は、キリスト教に加え、他の一神教の研究を導入するため、同志社大学神学部の教授たちによって共有された展望の一環として、2003年に設立されました。
同志社大学一神教学際研究センター公式サイト

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ