プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益財団法人自動車リサイクル促進センター

JARC「おおさかATCグリーンエコプラザ」に自動車リサイクルの常設展示ブースを初開設

2019年1月22日

公益財団法人自動車リサイクル促進センター

自動車リサイクル促進センター
「おおさかATCグリーンエコプラザ」に
自動車リサイクルの常設展示ブースを初開設

公益財団法人自動車リサイクル促進センター(所在地:東京都港区、代表理事:中村(なかむら) 崇(たかし) 以下、「JARC」)は、2019年1月18日(金)、自動車リサイクルに関する情報発信の拠点としての常設展示ブースを、おおさかATCグリーンエコプラザ(大阪市住之江区)に開設いたしました。
*おおさかATCグリーンエコプラザとは :  http://www.ecoplaza.gr.jp/

JARCは、資源の有効利用の向上と環境保全に貢献するため、自動車リサイクルや適正処理に関わる事業を展開するなかで、北は北海道から南は沖縄まで全国各地域で開催される環境イベントにキャラバンしながら出展し理解活動に取り組んでいます。そして、この度、西日本地域で自動車リサイクルに関する情報を継続して発信していく拠点として、おおさかATCグリーンエコプラザのご協力を受け、初めて大阪市に常設展示ブースを開設するにいたりました。

展示ブースでは、循環型社会に向けた自動車リサイクル関係者の取組や成果をパネルで紹介すると共に、学校教育の場で自動車リサイクルを学んだ小学生が自動車リサイクルについて伝えたいメッセージをポスターや標語にした作品を展示し、子どもから大人まで幅広く楽しめる場を用意しました。今後、循環型社会に向けた自動車リサイクルの取組をわかり易く発信していきますので、是非、JARCの展示ブースをご活用ください。

<常設展示ブースの開設式典の様子>
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901212410-O1-100KK1y5

◎自動車リサイクルシステムの概要
国内では年間約330万台(2017年度)の使用済自動車が発生し、2005年1月に発足した自動車リサイクルシステムのもと、自動車メーカーや関連事業者などの自動車リサイクルの関係者が適正なリサイクルの取組を進めた結果、使用済自動車のほとんどがリサイクル。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901212410-O2-rChYyg2d

◎公益財団法人自動車リサイクル促進センター(JARC)とは
自動車のリサイクル及び適正処理の促進に関する各種事業を行うことにより、資源の有効な利用の向上及び環境の保全に貢献することを目的とする公益法人。

所在地 :〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-30 日本自動車会館11階
設立 :2000年(平成12年)11月22日
理事長 :中村 崇
自動車リサイクル法指定法人業務の主務官庁 :経済産業省、環境省
URL https://www.jarc.or.jp/

◎自動車リサイクルシステム全般のお問い合せ先
自動車リサイクルシステム コンタクトセンター
☎ 050-3786-7755    平日 9:00~18:00  (土日祝日・年末年始を除く)

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ