プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Great Place to Work (R) Insititute Japan

【イベント取材のご案内】2/27(水)16:00~ 2019年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング表彰式

2019年1月21日

Great Place to Work® Institute Japan (GPTWジャパン)
株式会社働きがいのある会社研究所
http://hatarakigai.info/

【イベント取材のご案内】2月27日(水)16:00~ ヒルトン東京お台場
ベストカンパニー100社超が勢揃い!“成功する働き方改革”のヒントがここに!
2019年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング表彰式

「働きがいのある会社」に関する調査・分析を行うGreat Place to Work® Institute Japan(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡元利奈子、以下GPTWジャパン)は2月中旬に、2019年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング発表を予定しています。2月27日(水)に、ベストカンパニーに選出された100社超(昨年135社)の企業を招待し、表彰式および交流会をヒルトン東京お台場にて開催いたします。
表彰式では、最新の2019年版ランキングの傾向解説、ベストカンパニーによる事例紹介、明治大学大学院 教授 野田稔氏との特別対談などを予定。「働きがいのある会社」が一同に顔を揃える機会となりますので、報道関係の皆様にもぜひご出席いただきたく存じます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901212390-O1-ccA4FK5w
※2018年の表彰式の様子
生産年齢人口が減少し、労働生産性が他国に比べ低いと言われている中、政府は「1億総活躍社会」を謳って働き方改革を推進し、私たちのビジネスにも大きな影響を与えています。“いい人”を引きつけて採用し、その優秀な人材がモチベーション高く働き続けてもらうことが企業にとって不可欠となり、その重要性が高まっています。「働きがいのある会社」ランキングの参加企業も年々増加し、従業員の「働きがい」を高めることで事業活動を活発化させようという動きが広がっています。

イベント概要
※タイムスケジュールは当日の進行により、多少前後することがございます

ご出席頂ける報道関係の皆様におかれましては、添付ファイルの専用フォームにご記入のうえFAXいただくか、メールにてお申込みください。

<日時>
2019年2月27日(水)  ▶15:15受付開始  ▶16:00~表彰式  ▶18:15~交流会
<場所>
ヒルトン東京お台場 1F「ペガサス」 (東京都港区台場1-9-1)
<内容>
第一部 16:00~
 ★ 小規模・中規模・大規模部門の表彰および各部門1位企業のスピーチ
 ★ 「働きがいのある会社」女性ランキングの表彰
 ★ 2019年版ランキングの傾向解説 (GPTWジャパン コンサルタントより)
 ★ ベストカンパニーによる事例紹介 (2社)
第二部 17:25~
 ★ 特別対談 (明治大学大学院 教授 野田稔氏×GPTWジャパン代表 岡元利奈子)
第三部 18:15~
 ★ 交流会

<特別対談> プロフィール
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901212390-O2-c5nM827O
野田 稔 (のだ・みのる) 明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
            株式会社リクルート リクルートワークス研究所 特任研究顧問
(株)野村総合研究所、(株)リクルート新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て2008年より現職。大学院で学生の指導にあたる一方、大手企業の経営コンサルティング実務にも注力。これまでのテレビ出演は、TBS系列『ブロードキャスター』コメンテーター、日本テレビ系列『ズームインスーパー』ニュース解説担当など多数。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901212390-O3-6zulpDUx
岡元 利奈子 (おかもと・りなこ) Great Place to Work® Institute Japan(GPTWジャパン) 
              株式会社働きがいのある会社研究所 代表取締役社長
人事測定研究所(現リクルートマネジメントソリューションズ)入社。人事コンサルタントとして、人事制度設計や従業員意識調査などを行う。その後、海外現地法人のコンサルティングビジネスの立ち上げ支援などを経験し、2014年より現職。

当機関およびランキングの概要
■ 当機関について
Great Place to Work® Institute は、世界約60ヵ国で、「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査・分析し、各国の有力メディアでランキングを発表しています。米国では、1998年より「FORTUNE」を通じて毎年発表されており、「働きがいのある会社」ランキングに名を連ねることが、「一流企業の証」として認められています。
日本においては、株式会社働きがいのある会社研究所がGreat Place to Work® Institute よりライセンスを受け、Great Place to Work® Institute Japan(GPTWジャパン)を運営しています。参加企業は年々増加しており(下グラフ)、従業員の「働きがい」を高めることで事業活動を活発化させようという動きは拡大していく傾向にあります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901212390-O4-h7l6j7dg
なお、GPTWジャパンでは、「働きがいのある会社」は“働きやすさ”と“やりがい”の両方がかね備わった組織であると考えています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901212390-O5-T93Zhpo1

■ 「働きがいのある会社」ランキングについて
「働きがいのある会社」ランキングとは、「働きがいのある会社」調査に参加を希望した企業の中から、一定水準に達した企業を「ベストカンパニー」として認定するもので、日本では従業員数により、大規模部門(1,000人以上)、中規模部門(100~999人)、小規模部門(25~99人)の3カテゴリーに分けて発表しています。
————————————————————————————
[Great Place to Work ®の調査内容]
本調査は以下の2つのアンケートで構成されています。配点は、「トラストインデックス©」が全体の2/3、「カルチャーオーディット©」が全体の1/3であり、従業員からの声を重視しています。
①従業員へのアンケート(トラストインデックス©)
「経営層への信頼」「仕事や会社への誇り」「従業員同士の連帯感」に関連する58問の選択式設問、および2問の自由記述式設問に、従業員が無記名で回答
②会社へのアンケート(カルチャーオーディット©)
企業文化や会社方針、人事施策など、「働きがい」を高めるための具体的な施策を企業が回答
————————————————————————————

■ 「働きがいのある会社」女性ランキングについて
「働きがいのある会社」女性ランキングは、ベストカンパニーの中から、「女性社員のアンケート結果」「女性社員の働く環境を整備するための施策」「女性社員比率などの企業データ」において特に優れた企業を選出したものです。

※【ご参考】 前回(2018年版)の日本における「働きがいのある会社」ランキング
【大規模部門ランキング】
1位 シスコシステムズ (ネットワーク・システム販売・サービスの提供)
2位 Plan・Do・See (ホテル・レストラン・ウエディング会場の運営)
3位 ディスコ (精密加工装置製造)
【中規模部門ランキング】
1位 コンカー (経費管理クラウドサービス提供)
2位 バリューマネジメント (歴史的建造物の利活用)
3位 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ (コンサルティング)
【小規模部門ランキング】
1位 アクロクエストテクノロジー (ITソリューション事業)
2位 マルケト (マーケティング支援)
3位 gCストーリー (建設)

2018年の表彰式の様子
野田稔氏
岡元利奈子
参加企業数の推移
働きがい=働きやすさ+やりがい
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ