プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

オムロン株式会社

i-BELT第3弾「金型加工の切削最適制御サービス」2月より提供開始

2019年1月21日

オムロン株式会社

i-BELT第3弾「金型加工の切削最適制御サービス」2月より提供開始
熟練技能者の「匠の技」を自動化し、加工時間40%、工具摩耗量20%削減*¹

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁、以下オムロン)は、モノづくりの生産性や品質を向上させるためのIoTサービス「i-BELT」の第3弾として、「金型加工の切削最適制御サービス」の提供を2019年2月より開始します。

近年、モノづくりの現場において熟練技能者や作業者の不足が常態化する一方、高い水準で生産性や品質を維持向上していくことが求められています。こうした中、オムロンは約10年前からデジタル技術を活用して「匠の技」を自動化し、生産効率を高めるさまざまな取り組みを進め、実証実験を重ねてきました。

2016年より2年をかけ社内で実証実験を重ねた取り組みを、お客さまへ提供できるようサービス化したのが、本「i-BELT」第3弾の「金型加工の切削最適制御サービス」です。熟練技能者が工作機で金属を切削する際、設備の“音”を切削速度の判断材料にしていることに着目。工作機に設置した振動センサーで、切削時の振動を計測し切削抵抗を算出し、その大きさにより工具の送り速度を補正するアルゴリズムを開発しました。その結果、既存の工作機での加工時間を従来から40%削減し、工具摩耗量も20%削減を実現しました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901182378-O9-GNntTUAa
「金型加工の切削最適制御サービス」は、お客さまと共にオムロンのエンジニアが製造現場のデータを見える化・分析し、制御にフィードバックする仕組みを創り上げます。お客さまの既存の工作機が自律的に動くことで、設備効率の最大化や生産性向上に貢献します。「i-BELT」は、第1弾「設備の異常予兆監視サービス」、第2弾「現場課題の見える化・分析サービス」、第3弾「金型加工の切削最適制御サービス」に引き続き、今後も製造現場の課題解決に直結するサービスを拡充していきます。

【関係者コメント①】 企画室 IoTプロジェクト本部長 井上 宏之
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901182378-O6-15Tx081V
i-BELTは、オムロンとお客さまが製造現場にあるさまざまなデータを共通言語にしながら、課題を共有、解決していくことで最適なモノづくりの現場を共創していくサービスです。
製造現場向けのIoTで効果を出すためには、製造現場の知見やノウハウが必要不可欠です。
オムロンのさまざまな技術や豊富な現場経験をもとに、装置から得られるデータで現場価値の向上ができることを多くのお客さまに体感していただきたいという思いから、本サービスを実現しました。
これからも、50年以上FA業界で多くの商品やサービスをお客さまに提供してきた実績や自社のモノづくりを高め続けてきた経験を生かして、お客さまに「リアルに効果を発揮する」データ活用の提案を
続けていきます。

【関係者コメント②】オートメーションセンタ IoTプロジェクト推進リーダー 古田 勝久
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901182378-O7-x62mMIrS
現場の課題に何とか役に立ちたいという思いで金型加工の切削速度最適化テーマに取り組み始めましたが、我々が長年取り組んできた振動計測でこの課題を解決することができうれしかったです。しかしこの成功は、何としても課題を解決したいという現場の方々の強い志があってのことでした。
今後も、工具ごとの寿命の変化や品種ごとの加工時間の短縮といった効果の見える化に取り組み、この技術の価値をより多くのお客さまが導入しやすい仕組みを一層整備していきます。

*¹加工時間40%、工具摩耗量20%削減:当社草津工場での実証実験の結果です。

【i-BELTについて】
「i-BELT」は、AI搭載コントローラーを軸に、20万種に及ぶ制御機器に加え、「i-BELTパートナー」各社の多彩な入出力機器を組み合わせ収集したデータを分析、その結果を制御アルゴリズムに変換し機械の制御に戻すことで、モノづくり現場の知能化を推進する、オムロン独自のデータ活用サービスです。熟練技能者が持つ暗黙知をデータ化し、制御と情報を融合することで、オムロンの戦略コンセプト"i-Automation!"を実現する鍵となる「intelligent(知能化)」を顧客との共創によって加速させ、モノづくりの生産性と品質を飛躍的に向上させ続けます。
詳細については、https://www.fa.omron.co.jp/solution/i-belt/service03/をご参照ください。

【"i-Automation!"について】
オムロンは、これまでFAのリーディングカンパニーとして画像処理センサーなどの入力機器から、各種コントローラー、サーボモーターなどの出力機器をはじめ安全対策機器、産業用ロボットまで幅広い機器を有し、これらをソフトウェアで組み合わせた独自のオートメーション技術を世界中の製造現場に提供してきました。現在は、こうした技術と機器群をベースに、3つの"i"、「integrated(制御進化)」、「intelligent(知能化)」、「interactive(人と機械の新しい協調)」からなる戦略コンセプト"i-Automation!"を掲げ、製造業のモノづくり現場の革新に取り組んでいます。

【オムロン株式会社について】
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。詳細については、http://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

i-BELT
①切削条件判断
②「匠の技」見える化
③機械制御分析
④アルゴリズム構築
井上宏之
古田勝久
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ