プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社メリーチョコレートカムパニー

サロン・デュ・ショコラ 東京2019へメリーチョコレートの海外戦略ブランド「トーキョーチョコレート」出展

2019年1月21日

メリーチョコレートカムパニー

いよいよ2019年の「サロン・デュ・ショコラ 東京」開催!
メリーチョコレートの海外戦略ブランド「トーキョーチョコレート」出展!
フランスで権威のある品評会より「最高位 金賞」を受賞したチョコレート販売します!

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901182363-O1-1R5RN4Zb

株式会社メリーチョコレートカムパニー(本社・東京都大田区、社長・小屋松 儀晃-こやまつ よしてる-)の海外戦略ブランド「トーキョーチョコレート™」は、2019年1月22日(火)から1月29日(火)まで新宿NSビル地階にて開催される「サロン・デュ・ショコラ 東京」に今年も出展いたします。

メリーチョコレートカムパニートップショコラティエ 大石茂之
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901182363-O2-yhmMela9
2018年10月にフランス パリで行われた「第24回サロン・デュ・ショコラ パリ」。会期中に、フランスのチョコレートの格付けで最も権威のある「C.C.C.(フランスチョコレート愛好会)」が行ったチョコレート品評会の格付け結果が発表され、「トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス」が最高位の金賞を獲得。今回で3年連続の金賞受賞となりました。

【動画: https://www.youtube.com/watch?v=k-ew_RdUYEQ

今回の出展作品のコンセプトは「新TOKYOジャポニスム」。特に審査員から評価が高かったチョコレートは、生の朝摘みの薔薇を日本酒に漬け込んで香りを移しガナッシュと合わせた「薔薇」。このチョコレートに使用している薔薇は愛知県西尾市で作られている国産の薔薇になります。日仏友好160年という記念すべき年であることから、それを祝し薔薇の花束を贈る気持ちをチョコレートで表現しました。審査員からのコメントでは、「トーキョーチョコレートはカカオの巨匠であり、そのレシピは詩的である。薔薇は朝摘んだ一輪の花をとってくるような臨場感ある一粒で、非常に香りも良い。」という絶賛を受けました。
会場では、「トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス」を始め、トーキョーチョコレートの代表作である「みなも」や、過去のC.C.C.出品作からインスパイアを受けたチョコレートを集めた「トーキョーチョコレートボックス」などの商品も販売します。

トーキョーチョコレートの代表商品「みなも」
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901182363-O3-qfr7eM2t

サロン・デュ・ショコラ 東京会場限定商品「東京産ボンボンショコラ」
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901182363-O4-cSJ7Q7F2
東京都にある近藤醸造株式会社のキッコーゴ丸大豆醬油を加えた「醤油」、まちだシルクメロンを使用した「メロン」、小笠原産一味唐辛子で仕上げた「一味唐辛子」、大島産塩と砕いたヘーゼルナッツ、フィアンティーヌを加え混ぜ合わせた「塩&ヘーゼルナッツ」の4種類のボンボンショコラを1箱に集めました。東京産の素材にこだわり、味わい豊かなショコラに作り上げています。こちらの商品は、「サロン・デュ・ショコラ 東京」限定販売となっています。

また、今年も大人気テレビアニメ『ワンピース』とのコラボレーションチョコレートも登場。さらに、昨年も好評を博した「カカオパルプスムージー フィンガーライム添え」に加え、サロン・デュ・ショコラ 東京の会場限定の新しい味わい「カカオパルプスムージー チアシード&アロエ」を実演販売いたします。同じく東京会場限定で東京産の素材のみを使用して作り上げた「東京産ボンボンショコラ」も販売。様々な魅力あふれる商品をお楽しみください。

そして、1月25日(金)には最高位の金賞を受賞したチョコレートを手掛けたトップショコラティエである大石 茂之が「サロン・デュ・ショコラ 東京」内で開催されるイベントにて「ドリンクとチョコレートのマリアージュ」をご紹介いたします。時間は当日、現地でのご案内となります。

サロン・デュ・ショコラ パリ2018年 C.C.C.出品作品
トップショコラティエ 大石茂之
みなも
東京産ボンボンショコラ

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ