プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

京都外国語大学

移民のアイデンティティを考える 学生による教育シンポジウム開催(取材案内)

2019/1/18

京都外国語大学・京都外国語短期大学

移民のアイデンティティを考える
学生による教育シンポジウム開催(取材案内)

 京都外国語大学は2019年1月24日(木)、シンポジウム「ブラジル人留学生と渡日生が共に考えるアイデンティティと教育―日系人の子どもたちの現状と問題点」を、本学9号館4階で開催します。
 本学の学生団体「ヴィンクロ・ジ・ラチーノ」が主催する、第6回目のシンポジウムです。当日は、中京大学国際教養学部准教授の三浦綾希子氏による基調講演と、学生らによる発表、パネルディスカッションを行い、日系人のアイデンティティについて考えます。
 つきましては、諸事ご多忙と存じますが、是非ともご取材いただきますようご案内します。取材していただける場合は、以下まで申込みお願いします。

【名 称】「ブラジル人留学生と渡日生が共に考えるアイデンティティと教育―日系人の子どもたちの現状と問題点」
【日 時】 2019年1月24日(木) 午後4時~午後6時(予定)
【会 場】 京都外国語大学 9号館4階 941教室
【内 容】
●基調講演(16時10分~)
・「移民の子どもたちのアイデンティティと教育」
講師:中京大学国際教養学部 准教授 三浦 綾希子氏
●発表(16時40分~)
・「アイデンティティと国籍」 川上 ラファエル(卒業生)
・「ブラジルに帰国した子どもたちが直面する問題」  澤邉 優子(ブラジルポルトガル語学科 4年次生)
・「日本とブラジルの違い―ブラジル生まれの日本人と日本生まれのブラジル人」 
イワサ アリアーネ ミドリ(ブラジルポルトガル語学科 4年次生)
●パネルディスカッション(17時30分~)
・「第二世代のエスニックアイデンティティ」
・「マイノリティの子どもたちはどこへ行くのか」など

【主 催】京都外国語大学公認団体 ヴィンクロ・ジ・ラチーノ
【協 力】京都ラテンアメリカ文化協会
【後 援】京都外国語大学、京都外国語大学校友会、京都外国語専門学校、日本ラチーノ学院、日本学生海外移住連盟OB会西日本支部
【その他】申し込み不要、入場無料

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ