プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FXC株式会社

ファンレスにリニューアル!PoE機能付スイッチ「FXC5210PE」を発売

2019年1月17日

FXC株式会社

ファンレスにリニューアル!
PoE機能付ギガビットマネージドスイッチ「FXC5210PE」新発売
=ホテル、オフィス、病院などの静音環境下に最適なスイッチ=

FXC株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:谷輪 重之)は、2019年1月17日(木)より、ファンレス設計として生まれ変わったPoE機能付ギガビットマネージドスイッチ「FXC5210PE」を発売致します。
「FXC5210PE」は、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tポートを8ポートとSFPを2スロット搭載したフルギガビット管理機能付PoEスイッチです。ファンレス設計のため、ホテル、オフィス、病院などの静音環境下に最適なスイッチです。
「FXC5210PE」は、IEEE802.3at準拠のPoE給電により、PoE受電機能を搭載した無線アクセスポイント、監視カメラ、IP電話等に十分なPoE給電を行うことができ、最適なネットワークを実現できます。また、スケジュールを設定する事により、必要時のみに給電を行い、効率の良い電力供給が可能です。
VLANやQoS、LACP等の充実したネットワーク機能と共に、ループ検知/遮断、IEEE802.1X認証等のセキュリティ機能も強化され、飛躍的に増大するネットワーク上のトラフィックに対応するコスト・パフォーマンスに優れたソリューションを提供いたします。

■製品型番と標準価格
・FXC5210PE(製品本体)            76,000 (税別)
・FXC5210PE-SB5 (5年間センドバック保守)    10,000 (税別)
・FXC5210PE-SBX (ライフタイム保守)        23,000 (税別)

■受注開始日 2019年 1月17日(木)
■出荷開始日 2019年 1月17日(木)

■製品情報
 https://www.fxc.jp/products/switch/FXC5210PE.html

■製品特長
・ファンレス設計により静音で快適な環境を実現
・10/100/1000Mbps ギガイーサネットポート(PoE 給電機能付)を8ポート装備
・IEEE802.3at 準拠のPoE給電機能搭載(最大1ポートあたり30W)
・給電方式はTypeA(ピン1、2、3、6)を使用
・PoE 給電スケジュール機能及び受電端末の状態確認が可能
・2つのSFPスロットにより光モジュール(オプション)搭載可能
・ポートトランク 、LACP (IEEE802.3ad準拠) をサポート
・ポートベース及びIEEE802.1Q VLANサポート
・SNMP等の各マネジメント機能をサポート
・ループ検知/遮断機能サポート
・IEEE802.1x認証機能をはじめとするセキュリティ機能も充実
・ブロードキャスト/マルチキャスト/ユニキャスト ストームコントロール対応
・ジャンボフレーム(最大9,600bytes)に対応
・IGMP Snooping 機能により、マルチキャスト・データを制限し、最適なパフォーマンスを確保
・DHCPスヌーピングと、IPソースガードで、不正アクセスへのセキュリティを強化
・充実したQoSで、音声ネットワークも快適
・ポートミラーリング機能により任意のポートのトラフィックをモニタリング。容易に障害対応が可能
・省エネ IEEE802.3az準拠 EEEパワーマネジメント対応

ファンレス設計PoE機能付L2スイッチ「FXC5210PE」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ