プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社コムデザイン

コムデザインと都築電気株式会社、クラウド/オンプレミスのハイブリッドCTI「CT-e1/Expander」を提供開始

2019年1月16日

株式会社コムデザイン
都築電気株式会社

株式会社コムデザインと都築電気株式会社、
クラウド/オンプレミスのハイブリッドCTI「CT-e1/Expander」を提供開始
~クラウド並のコストで、お客様コールセンターの既存電話番号を使用可能~

株式会社コムデザイン(代表取締役社長:寺尾 憲二、本社:東京都千代田区、以下コムデザイン)と都築電気株式会社(代表取締役社長:江森 勲、本社:東京都港区)は、2019年1月16日、クラウド型コールセンターシステム「CT-e1/SaaS」の拡張システム「CT-e1/Expander」を提供開始いたしました。
「CT-e1/Expander」は、クラウドとオンプレミスのハイブリッド構成(*1)となっております。クラウド型コールセンタシステムのメリットとオンプレミス型コールセンタシステムのメリットを両立することが可能です。
 (*1) 本プレスリリースにおいてハイブリッド構成とは、通話に関わる装置をお客様先に設置構築することを指します。

■「CT-e1/Expander」の概要

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901152178-O1-2n8cq4QE
本サービスでは、従来の「CT-e1/SaaS」のメリットに加え、下記の「ハイブリッド構成」によるメリットをご提供致します。

【従来のクラウド型コールセンターシステム「CT-e1/SaaS」のメリット】
・オンプレミスに比べ大幅な導入コスト削減、維持管理運用コストの低減を実現
・IP-PhoneやPBX連携など、お客様ごとの自由な構成や、柔軟な機能カスタマイズが可能
・CRMなどの他社システムとの連携や、音声認識など最新サービスが手軽に利用可能

【通話に関わる装置をお客様先に設置構築する新たな「ハイブリッド構成」のメリット】
・既存の0ABJ番号(*2)を継続利用できる
 「インバウンド業務」「アウトバウンド業務」の双方で、既存番号での電話発着信が可能
・セキュリティ面で安心
 電話の受発信および通話録音データは、お客様宅内で完結するため、セキュリティ面で安心
・ネットワークインフラの料金が安価
 コールフローやオペレータの制御、統計情報、設定変更等をクラウドにて制御し、音声に関わるデータはお客様宅内にて制御するので、WAN帯域を削減できインフラ料金が削減可能
 (*2)0ABJ番号とは、固定電話に割り当てられる市外局番から始まる10桁の番号のことを指します。

■背景
従来、クラウド型コンタクトセンターへの移行を検討される際には、以下のような課題がありました。また、これにより導入を断念されるお客様もいらっしゃいました。
・通話録音の保存場所がクラウド上にあり、セキュリティ面で不安がある
・お客様への通知番号が引継ぎできない
「CT-e1/Expander」は、上記課題を解決するために、コムデザインと都築電気株式会社の両社の経営資源・ノウハウ・事業基盤を、相互に強化・補完する体制でご提供致します。

<関連IRニュース>
2017年10月27日 都築電気株式会社との資本業務提携に関するお知らせ
https://www.comdesign.co.jp/pdf/20171109tsuzuki.pdf

■コムデザインについて https://comdesign.co.jp/
コムデザインは、2000年に創業。2008年からクラウド型CTIサービス「CT-e1/SaaS」の提供を開始し、700テナント13,000席の実績(2018年10月現在)を持ちます。自社開発を可能とする技術力をベースに、クラウドサービスでありながら公衆網も使用できる構成の自由度の高いCTIを提供し、小規模から大規模まで業種を問わずコールセンターに支持されています。近年は、コールセンターのハブ機能として、AIソリューションなどとマッシュアップを可能とし、効率的でかつエンドユーザーに喜ばれるコールセンター構築をサポートしています。

■都築電気株式会社について  https://www.tsuzuki.co.jp/
都築電気株式会社は、1932年に創業。ネットワーク製品、ネットワークサービス、情報機器、ソフトウェアの「情報ネットワークソリューションサービス」と「電子デバイス」を2つの柱としています。「情報ネットワークソリューションサービス」では公共・金融をはじめ製造・流通・ヘルスケアの業種別体制で、企画、構築(設計・施工・開発)、運用サポートまで一貫した提案を行い、経営課題の解決をお手伝いします。
また、都築グループは「13社・2,475名、国内107拠点・海外3拠点」で約2万社のお客様をサポートしています。

*本書面に記載されている会社名、製品およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
 その後、予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承願います。

CT-e1/Expander構成概要図
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ