プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人千葉学園千葉商科大学

千葉商科大学で2月14日に自然エネルギー×地域経済シンポジウム開催

千葉商科大学で2月14日に開催

千葉商科大学

千葉商科大学で2月14日に開催
自然エネルギー×地域経済シンポジウム
「自然エネルギーで地域は元気になる~分散型エネルギービジネスの可能性~」

千葉商科大学(学長:原科幸彦)と一般社団法人日本シュタットベルケネットワーク(代表理事:ラウパッハ・スミヤ ヨーク)と公益社団法人日本不動産学会(会長:原科幸彦)は、2 月14 日(木)、自然エネルギー×地域経済シンポジウム「自然エネルギーで地域は元気になる~分散型エネルギービジネスの可能性~」を開催します。

地域経済は需要と働き手の減少に悩み、自治体は財政の縮小などの課題が増加しているなか、国内外で注目を集めているのが、分散型エネルギービジネスです。分散型エネルギービジネスには、地域の自然資源によってエネルギーを生み出す自然エネルギービジネスと、住民の知見や技術を高めてエネルギーを効率的に利用する省エネルギービジネスがあります。
このシンポジウムでは、分散型エネルギービジネスで地域経済を活性化する方法や効果を議論します。特に、自然エネルギー先進国・ドイツのなかでも、地域に根ざした自然エネルギービジネスを展開するパイオニアとして著名なソーラーコンプレックス社の代表を招き、日本でも参考になり得る事例を紹介いただきます。自然エネルギービジネスに関心のある方はもちろん、地域活性化や企業経営、新事業の企画、地方自治、海外事情に関心をお持ちの方など、どなたでもご参加いただけます。奮ってご参加ください。

■自然エネルギー×地域経済シンポジウム
自然エネルギーで地域は元気になる ~分散型エネルギービジネスの可能性~ [参加無料・入退場自由]
【日時】2019年2月14日(木) 13:00~17:30 (12:30開場)
【場所】千葉商科大学 7号館地下1階 702教室
【定員】400名(先着順)
【申込方法】Web ページの申込みフォームよりお申し込みください。または、Webページから申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申し込みください。
http://www.cuc.ac.jp/social_contribution/news/2018/0214.html
【申込締切】2019年2月12日(火) ※定員に達し次第受付終了

【プログラム】
○開会挨拶「自然エネルギー100%をめざす千葉商科大学」原科幸彦(千葉商科大学学長)、学生団体SONE
○第1部 パネル討論「自然エネルギーが拓く分散型エネルギービジネスの時代」
[パネリスト]飯田哲也氏(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所所長)、吉原毅氏(城南信用金庫顧問)、原科幸彦
○第2部:特別セミナー「地域を元気にするドイツの分散型エネルギービジネス」
・「地域エネルギー事業の地域経済効果~地域新電力の取組み」ラウパッハ・スミヤ ヨーク氏(立命館大学教授)
・「太陽光発電が地域に受け入れられるための工夫」板垣勝彦氏(横浜国立大学大学院社会科学研究院准教授)
・「地域エネルギー事業でエネルギー転換と地域発展を推進する~独ソーラーコンプレックス社の取組み~」ベネ・ミュラー氏(ソーラーコンプレックス社代表取締役)
[司会]田中信一郎氏(一般社団法人地域政策デザインオフィス 代表理事) [通訳・解説]滝川薫氏(環境ジャーナリスト)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ