プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

星野総合商事株式会社

水入れてすぐ土のう 土要らずで簡単!星野総合商事の「ラクラク土のう」

2018年12月21日

星野総合商事

水入れてすぐ土のう 土要らずで簡単!星野総合商事の「ラクラク土のう」

星野総合商事株式会社(本社:埼玉県川口市、代表取締役社長:星野晃一郎)は、水を入れてすぐ土のうになる簡単、土要らずの「ラクラク土のう」を開発し販売しております。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812211713-O1-n9f3mJmq
一般の土のうは砂や土を15kg袋詰めしますが、災害時悪天候の中、少人数で作業しなくてはならないため、大量の土のうを作り運ぶ作業は非常に大変です。又、片付けるとき水を吸った土のうは約28kgとさらに重たくなります。特殊吸水性ポリマーを使った類似商品が販売されていますが、水を吸うのに時間が掛かり、価格帯も高いです。今回のラクラク土のうは1袋定価360円(税抜き)と安価であり、特殊吸水性ポリマーはメーカー直に仕入れて沢山のポリマーの中からテストを繰り返し選択したものですので、水を15L入れるとあっという間に固まります。水を確保できる場所で直ちに沢山の土のうを作れますので、ゲリラ豪雨のような緊急時も活躍出来ます。又、土のうを積み重ねてSBパイルを打ち込み固定する事も可能で、中のゲルが漏れることはありませんので用途に合わせてご使用いただけます。ラクラク土のうは水を入れてから約4日持ち、4日目以降は徐々にゲル状から液状化します。太陽の紫外線や温度が50℃を超えると離水しはじめるため、夏と冬では離水時間が異なります。片付ける際ポリマーが浮き出て残ってしまうこともないので、水のうになりましたらそのまま流しても無害で処理が出来ます。使用後は土のう袋から中身を出し天日干しで乾燥させ、袋は一般ゴミとして処分出来るため後処理もラクラクです。

https://www.hoshino-z.com/

ラクラク土のう
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ