プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社かねふくめんたいパーク

オープン早々の週末に2万人が殺到!かねふく『めんたいパーク伊豆』が大盛況!

12月18日

株式会社かねふくめんたいパーク

オープン早々の週末に2万人が殺到! 
かねふく『めんたいパーク伊豆』が大盛況!
~ 静岡県初、明太子専門テーマパークに注目 ~

【動画: https://www.youtube.com/watch?v=VthnGyeDeoY&feature=youtu.be
「めんたいパーク伊豆」公式サイト https://mentai-park.com/park/izu/

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O1-iTRL6402
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O2-kRov8X2S
 めんたいパーク伊豆は、明太子のかねふくグループが運営する明太子のテーマパークで、この度オープンした「めんたいパーク伊豆」は全国で5番目、静岡県では初の施設となります。
 オープニングセレモニーでは函南さくら保育園の園児たち29名による合唱で式典がはじまり、続いて仁科喜世志 函南町長が、めんたいパーク伊豆のオープンで「海の幸、山の幸、里の幸がそろった」と祝辞を述べました。

オープン当日は多数のお客様がオープン前から集まり、「めんたいパーク伊豆」への期待感の高さを感じさせる幕開けとなりました。1階から2階まで、明太子のテーマパークだからこそ体験できるワクワク感が口コミで広がったのか、オープン後初の週末となる土日には2万人ものお客様が来場し大盛況となりました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O5-4vkS0URK
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O4-1vi923VD

めんたいパーク伊豆に入ると、広大な館内の奥に、ひと際目立つピンクの入口が現れます。これが明太子について楽しく学べる「つぶつぶランド」への扉。明太子に関する4つの疑問、「どんな魚の卵?」「その魚はどこで採れるの?」「どう作るの?」「美味しさのひみつは?」の答えを楽しみながら教えてくれるギャラリーです。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O6-9063D0KE
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O8-8TjZ3oHP
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O10-4T8M0aO9

 明太子のつぶをイメージした「つぶつぶランド」でめんたいパークメインキャラクターのタラコン博士とタラピヨが案内するのは、つぶつぶトンネル、めんたいシアター、スケソウダラの生態や漁獲の方法が学べるコーナー、トリックアート、めんたいクイズ、ゲームコーナー、つぶつぶボールコースター、漬け込み体験玉入れコーナー、明太子レシピコーナー等、大人から子供まで遊びながら楽しく学べるようになっています。

さらに奥に進んで、カーブを曲がると現れるのは「工場見学ギャラリー」。原料の下ごしらえから漬け込み、計量、整形,包装まで、まるで工場のなかにいるような気分で明太子の作り方を見学できます。
 見ている真横で明太子が作られていく光景は必見です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O13-hLkzxZ0B

工場見学の後は出来立て明太子の試食をお楽しみいただけます。製造工場が併設されているからこそできる「できたて明太子」はめんたいパークでしか味わえない逸品。当日漬けあがったばかりの明太子ならではの、新鮮でプチプチとした食感が味わえます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O21-gr90CVdk
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O14-k9N1ks9d

 もちろん販売コーナーではこの「できたて明太子」をはじめ、ご家庭で使いやすいお得な切れ子やボリュームたっぷりのお買い得な明太子、いか明太や焼き手羽明太、明太しゅうまい、明太ラー油等明太子の専門店ならではの商品を多数販売しています。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O15-9am7gv3l
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O16-0Ou1r0ar

 そして大人気のフードコーナー!ここだけのできたての明太子をたっぷり詰めた「明太ジャンボおにぎり」や、明太子が入ったとっても珍しい「めんたいソフトクリーム」や「明太豚まん」「明太パスタ」等、明太子を使った珍しい絶品グルメを取り揃えています。

 2階に上がると、大型の休憩コーナーがあり、天気の良い日にはテラスから真正面の位置に富士山が望めます。
そしてテラスはなんと足湯を設置。気持ちの良い足湯につかりながら、ゆったりと雄大な景色を楽しむことができる贅沢な空間が用意されています。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O17-wTaJI9E0
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O18-Hw2H25Lj

 さらに2階には子どもたちがのびのびと遊べる大型のキッズランドが設置されています。プレイマットや富士山の形をした大型の富士山すべり台、子どもでも楽しめるボルダリングがあり、沢山の子どもたちで賑わっています。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O19-619h0Uj5
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O20-0h994v5k

「来て楽しい、知って楽しい、食べて楽しい」めんたいパーク伊豆は家族連れでもカップルでも、大人から子供までみんなで楽しめます。施設屋上に鎮座した“15メートルのタラピヨちゃん“がシンボルの、伊豆観光の新名所「めんたいパーク伊豆」。
 是非お越し頂き、その人気の秘密を体験いただければと思います。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O22-b2AK2B2L
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O21-gr90CVdk

めんたいパーク伊豆は新東名高速道路 長泉・沼津ICから車で17分。道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」の隣。営業時間は9時~18時(無休)。工場見学は16時30分まで。駐車場180台。

■氷川きよしさんからのメッセージ
「僕の大好きな“かねふくの明太子”作りが間近で見れる工場見学やとっても美味しい出来立て明太子、そしてジャンボおにぎり! 書いているそばから僕も食べたい!是非皆様も遊びに来てください! 僕も遊びに行きたいです!」

■めんたいパーク伊豆施設概要
営業時間:9:00~18:00《年中無休》
工場稼働時間:9:00~16:30
入場料 : 無料
住所: 静岡県田方郡函南町塚本753-1  
電話: 055-928-9012
URL:https://mentai-park.com/park/izu/
駐車場:180台
アクセス:東名高速道路沼津ICから約16分、三島スカイウォークから約20分
     道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」隣
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812181604-O12-5zHHO0lJ

オープニングセレモニー
めんたいパーク伊豆
館内1階
オープニングセレモニー
つぶつぶランド
つぶつぶランド内
つぶつぶランド内
MAP
工場見学ギャラリー
できたて明太子
フードコーナー
人気の明太子グルメ
富士山を眺める足湯
富士山
キッズランド
富士山すべり台
できたて明太子試食
タラピヨ

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ