プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会

2018年度日本PR大賞が決定

2018年12月18日

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会

「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」に
渡辺直美さん(お笑い芸人)

「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」に
気まぐれ八百屋  だんだんワンコインこども食堂 

-2018年度日本PR大賞が決定-

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会(理事長:畔柳一典)はこのほど、2018年度の「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」にお笑い芸人の渡辺直美氏を、「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」に「気まぐれ八百屋  だんだんワンコインこども食堂」をそれぞれ選出、表彰することを決定いたしました。

日本PR大賞は、広報・PRの視点から毎年もっとも活躍した人を「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」として、また地道で独創的な広報・PR活動を通じて地域社会の発展に貢献した個人または組織を「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」として表彰するもので、1998年に日本PR大賞として創設して以来、年1回の表彰を行っています。

なお、本年度の「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」両賞の選考・授賞理由は次ページのとおりです。
なお、同賞の授賞・表彰式は新年1月24日、六本木・国際文化会館で開催される「新春PRフェスタ2019」(主催:日本パブリックリレーションズ協会)において行います。

「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」
■受賞者 渡辺 直美氏(お笑い芸人)
■授賞理由
本年6月、米誌『TIME』が実施した「ネット上で最も影響力のある25人」に選出され、日本人女性の固定観念を打ち破ろうとしている姿勢が高く評価された。また芸人やデザイナーなどの多彩な顔をうまく使いながら、一貫して「ありのままの自分を前向きに捉える」ことの大切さを国内外に広く発信し、「インスタグラム」で800万人を超えるフォロワーを持つなど、幅広い支持と共感を得ている。これらの姿勢が、まさにPRパーソンのお手本といえる点が高く評価された。

「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」
■受賞者 気まぐれ八百屋  だんだんワンコインこども食堂
■授賞理由 
家庭事情により、充分な食事をとることができていない子供に「温かいご飯と具沢山のお味噌汁を食べられる場所を地域で作ろう」という思いで2012年から開始した地道な取組みが、クチコミや相次ぐメディア報道のほか著名人による支援などで、全国各地で共感の輪を拡大させている。いずれも各地域住民等による民間発の自発的な取組みながら、この2年で7倍以上の2,200か所を超えて政府も積極的な意義を認めるまでに至っている社会的功績は大きい。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ