プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般財団法人ヤマハ音楽振興会

受賞者決定のお知らせ 「ヤマハエレクトーンコンクール(YEC)2018ファイナル」

2018年12月17日

一般財団法人ヤマハ音楽振興会

受賞者決定のお知らせ
「ヤマハエレクトーンコンクール(YEC)2018ファイナル」

ヤマハ音楽振興会(本部:東京都目黒区、理事長:中田卓也)は、「ヤマハエレクトーンコンクール(YEC)2018ファイナル」を、2018年12月15日(土)・16日(日)銀座ブロッサム中央会館ホール(東京都中央区)にて開催し、小学生高学年部門では松尾和香さん(小学6年生・兵庫県神戸市)が、中学生部門では多田憲伸さん(中学3年生・大阪府大阪市)、一般部門では平田翼さん(27歳・東京都立川市)が、第1位に選ばれました。

「YEC2018」は、小学生低学年部門、小学生高学年部門、中学生部門、一般部門の4部門で展開。「ファイナル」には、今年9・10月に全国7エリアで実施した「ファイナリスト選考会」を通過した総勢42名の国内ファイナリストに、海外からのエントリー7名を加え、総勢49名の若き音楽家たちが頂点を目指して熱演を繰り広げました。

審査員からは、ファイナリストの熱演を称えるとともに、音の強弱やテンポ、音色の選択などについても具体的なアドバイスがされました。また「コンクールに出場していろいろと経験したことや感じたこと全てが、今後の人生の財産になると思う」「これからも『多くの聴衆と感動を共有できる』演奏を目指し、エレクトーン音楽の可能性を追求していって欲しい」など、今後の活躍に期待する言葉が贈られました。

<YEC2018ファイナル受賞結果>
                                    
■小学生高学年部門(氏名・学年・在住地・選考会出場エリア)
第1位 松尾 和香(まつお わか) 小6 兵庫県神戸市 近畿・北陸・沖縄
第2位 岡田 花奏(おかだ かなで)小6 徳島県板野郡 中国・四国
第3位 戸崎 忍武(とざき しのぶ) 小6 東京都町田市 首都圏・関東・甲信越

■中学生部門(氏名・学年・在住地・選考会出場エリア)
第1位 多田 憲伸(ただ けんしん) 中3 大阪府大阪市 近畿・北陸・沖縄
第2位 刘 洋(リオウ ヤン) 15歳 中国 海外
第3位 田中 龍之介(たなか りゅうのすけ) 中2 岩手県盛岡市 東北

■一般部門(氏名・年齢・在住地・選考会出場エリア)
第1位 平田 翼(ひらた つばさ) 27歳 東京都立川市 首都圏・関東・甲信越
第2位 佐久間 美生(さくま みう) 20歳 東京都福生市 首都圏・関東・甲信越
第3位 森 花音(もり かのん) 19歳 東京都世田谷区 首都圏・関東・甲信越

※学年、年齢はYEC2018ファイナル開催日時点

<演奏規定>
・小学生低学年部門… 自由曲演奏1曲(4分以内)
・小学生高学年部門… 自由曲演奏1曲(4分以内)、課題演奏1曲(2分以内)
・中学生部門… 自由曲演奏1曲(5分以内)、課題演奏1曲(3分以内)
・一般部門… オリジナル曲 または オリジナルアレンジ曲演奏1曲(5分以内)、課題編曲演奏1曲(4分以内)

<表彰>
・小学生高学年部門・中学生部門
 第1位~3位にメダルおよびギフト券(1位=10万円、2位=7万円、3位=5万円)
・一般部門
 第1位~3位にメダルおよび賞金(1位=30万円、2位=20万円、3位=10万円)
・小学生低学年部門は順位づけ無し
※参加者全員にファイナリスト賞としてトロフィーおよびギフト券(1万円)

<審査員>
 栗山 和樹(作・編曲家)
 守屋 純子(ジャズピアニスト、作・編曲家)
 桑原 あい(ジャズピアニスト、作・編曲家)※12/15
 国府 弘子(ジャズピアニスト、作・編曲家)※12/16
 渡辺 睦樹(エレクトーンプレイヤー)
 尾野 カオル(エレクトーンプレイヤー)
 難波 邦宏(ヤマハ音楽振興会 音楽指導スタッフ)
 水戸瀬 秀 ※審査員長(ヤマハ音楽振興会 教育指導統括部 統括部長)

多田 憲伸さん(中学生部門第1位)
松尾 和香さん(小学生高学年部門第1位)
平田 翼さん(一般部門第1位)
12月15日(土)出場者ラインアップ
12月16日(日)出場者ラインアップ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ