プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

クラシエフーズ株式会社

忘年会シーズンの「口臭問題」を調査

2018年12月11日

クラシエフーズ株式会社

~忘年会シーズンの「口臭問題」を調査~ 飲み会の翌朝は「口臭レベルがアップ」 働く男女の約8割が回答! 通常時と比べて、ニオイは平均1.2倍に!? 「スメハラ」に発展のリスクも  一方、年末は「挨拶まわり」で人と会う機会も増加…挨拶時間は平均30分 30分息キレイ(※)の「フリスク クリーンブレス」で、年末のエチケットを

緑茶抽出物を配合した大粒タブレット「フリスク クリーンブレス」を販売するクラシエフーズ株式会社では、このたび、飲み会でお酒を飲む習慣のある30~40代会社員男女500名を対象に、年末シーズンの「口臭問題」に関する調査をおこないました。
※製造元の調査による。感じ方には個人差があります。

<調査概要>
・調査名:年末シーズンの「口臭問題」に関する調査
・調査対象:30~40代 会社員男女 500名(性別・年代 均等割付)※飲み会でお酒を飲む習慣のある方
・調査期間:2018年11月21日~26日
・調査方法:インターネット調査

■飲み会の翌朝は、口臭レベルが「1.2倍」に! 特にお酒を多く飲んだ翌朝は「2倍以上」にまでアップ

はじめに、「年末シーズンは、他の時期と比べて飲み会の頻度が増えますか?」と質問したところ、79%が「増える」と回答しました。具体的にどれくらい増えるかを聞くと、普段の飲み会回数が1か月あたり平均「1.8回」であるのに対して、年末シーズンでは月に平均「4.4回」という結果に。忘年会やクリスマスなどイベントの多い年末は、ほぼ毎週に近いペースで飲み会に参加するという会社員が多いようです。

続いて、「飲み会の翌朝は、普段よりも口臭レベルがアップすると思いますか?」と聞いたところ、78%と約8割が「そう思う」と答えました。具体的に感覚値としてどれくらい口臭レベルがアップするかを聞くと、普段の飲み会の翌朝は「1.2倍」(21%)、特にお酒を多く飲んだ翌朝は「2倍以上」(26%)という回答がそれぞれ最多に。飲み会の翌日は、いつも以上に口臭が気になりやすいと感じる人が多いようです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812101258-O1-uxf936EO

■年末シーズンは、「自分の口臭」も「他人の口臭」も気になりやすい…周囲へのスメハラにも要注意!

そこで、あらためて「年末シーズンは、他の時期と比べて自分の口臭が気になりやすいと思いますか?」と聞いたところ、45%と半数近くが「そう思う」と回答。また、「年末シーズンは、他の時期と比べて他人の口臭が気になりやすいと思う」と答えた人も50%にのぼりました。飲み会が増える年末シーズンは、いつも以上に口臭に注意すべき時期であると言えそうです。

さらに、「飲み会の翌日と思われる他人の口臭を不快に感じたことがある」人も61%という結果に。具体的なエピソードとしては、「取引先の人と話しているとき、口臭がきつくて指摘もできず、かなりきつい思いをした」(44歳・女性)、「会議中、参加者からお酒のにおいがして、まともに話せなかった」(45歳・男性)、「普段から上司の口臭が気になっているが、飲み会シーズンは特にひどいと感じる」(32歳・女性)などの声があがっています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812101258-O2-9W1x6us3

また、「飲み会の翌日の強い口臭は、周囲へのハラスメント(迷惑・苦痛を与えること)に当たると思う」と答えた人も64%に。飲み会翌日の口臭を放置すると、周囲への「スメハラ」に発展し得るということになり、注意が必要です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812101258-O3-jzQ8uJIr

■飲み会翌日の「挨拶まわり」に要注意! 挨拶の平均時間は30分…事前の口臭ケアで対策を

一方で、年末シーズンは飲み会だけでなく、仕事においても人と接する機会が増えるタイミング。今回の調査においても、「年末は仕事で人と会う機会が増える」と答えた人が49%と半数近くにおよんでいます。

中でも、年末の「挨拶まわり」で営業先や取引先に会う機会が増える人が多いようで、調査対象のうち「年末に自分が挨拶まわりをすることがある」人は33%、「年末に自分が挨拶まわりを受けることがある」人は40%にのぼりました。

なお、具体的な「年末の挨拶まわりの時間」を聞くと、平均は「30分」という結果に。また、挨拶を受ける立場の人に「理想的な挨拶まわりの時間」を聞いた質問でも、「10分以下」(63%)、「21~30分」(15%)、「11~15分」(14%)が上位となっており、忙しい年末シーズンの挨拶は、30分以内で手短に終えることが望ましいと言えそうです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812101258-O8-2v0W2kUP

その一方で、自分が挨拶まわりをする立場の人に、「忘年会などの飲み会の翌日に、年末の挨拶まわりをしたことがありますか?」と聞いたところ、65%が「ある」と回答。口臭が気になりやすい飲み会の翌日に、挨拶まわりの予定が入ってしまうことは決して少なくないようです。また、「年末の挨拶まわりでは、事前に口臭ケアをすることが重要だと思いますか?」と聞くと、84%と大多数の人が「そう思う」と答えました。

年末の挨拶まわりについては、「自分や会社の印象をアップさせることが目的の1つである」と答えた人が80%にのぼっていますが、口臭により相手に不快な思いをさせてしまっては本末転倒。特に飲み会の翌日は、挨拶まわりの30分間、キレイな息をキープするための事前の対策が必要であると言えます。

■年末シーズンの必須アイテム! 緑茶抽出物配合で30分息キレイ(※)の「フリスク クリーンブレス」

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201812101258-O7-pi6654ix

30分息キレイ(※)の「フリスク クリーンブレス」は、3層構造の中間層に緑茶抽出物を配合した大粒タブレット。爽快感が長続きするため、年末シーズンのエチケットにぴったりです。

ラインナップは「さっぱりミントで30分息キレイ!(※)」の「フレッシュミント」と、「超強力ミントで30分息キレイ!(※)」の「ストロングミント」の2種類。年末の挨拶まわりの場でも、口を開くことへの不安がなくなり自信を持って話すことができます。

※製造元の調査による。感じ方には個人差があります。

<商品概要>
・商品名:フリスク クリーンブレス
・ラインナップ:フレッシュミント、ストロングミント
・容量:35g
・希望小売価格:286円(税別)
・販売チャネル:全国のコンビニエンスストア、ドラッグストア、スーパーマーケット、駅売店など

▼「フリスク クリーンブレス」商品ホームページ
http://www.frisk.jp/lineup/friskcleanbreath.html

グラフ1
グラフ2
グラフ3
グラフ4
フリスク クリーンブレス
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ