プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社エーアイスクエア

株式会社LIXIL の問合せ対応におけるAI チャットボット活⽤について

2018年12月3日

株式会社エーアイスクエア

株式会社LIXIL の問合せ対応におけるAI チャットボット活⽤について
〜 ⾃動応答システム「QuickQA」を⽤いたお問合せ対応の「ノンボイス化」に向け 〜

 株式会社エーアイスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役:石田正樹、以下「エーアイスクエア」)は、このたび、株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大坪一彦、以下「LIXIL」)の自動応答システムに、当社の「QuickQA」が採用されましたので、お知らせいたします。

 本取り組みでは、「ノンボイスによる24時間365日のお問合せ対応の実現」を目的に、社内外からのお問合せ対応に、エーアイスクエアが提供する「QuickQA」を導入しました。「QuickQA」は、学習データ(Q&A)に基づき、自然文で入力された質問の意味を当社独自のAIエンジンが解析して、最適な回答文を返答する自動応答システムです。
お客さまはチャット画面から、自然文やシナリオベース(メニュー選択形式)で問合せを行うことができます。AIエンジンが質問文の言葉の揺らぎを吸収し、高精度な回答を実現することで、単純な内容についての電話での問合せを削減し、顧客満足度の向上につなげます。
 
 ウェブサイト経由でのチャット問合せサービスは、一部商品カテゴリを対象に既に稼働しており、現在、回答精度向上の取り組みを継続しつつ、対象カテゴリを順次拡大しています。今後は商品カテゴリの拡大に加え、長期保証等のサービスに関するお問合せ対応や、人事業務に関する社員からのお問合せ対応など、幅広い用途での導入に加え、有人チャットとのシームレスな連携による複雑な問合せ対応も予定しています。
 
 両社は今後、自然言語処理技術・テキスト解析技術を中心とする各種 AI 技術を活用して、お問合せ対応の属人的な運用の改善と顧客接点業務の品質向上に取り組んでまいります。

【株式会社エーアイスクエアについて】
商号:株式会社エーアイスクエア
主な事業内容:人工知能(AI)を活用した各種ITサービス提供およびコンサルティング
所在地:東京都千代田区岩本町3-9-3 フォレスト秋葉原ビル8F
設立:2015年12 月

資本金:1億8,750 万円
従業員数:19 名
株主:株式会社ブロードバンドタワー(東証 JASDAQ 3776)
株式会社メディアドゥホールディングス(東証一部 3678)
経営陣

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ