プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

プロパティデータバンク株式会社

ビッグデータを活用したデータサイエンス事業 開始のお知らせ

2018/11/29

プロパティデータバンク株式会社

ビッグデータを活用したデータサイエンス事業 開始のお知らせ

 当社は、2018年11月28日開催の取締役会において、以下のとおり、新規事業として「データサイエンス サービス」の提供を開始することについて決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.事業開始の趣旨
 当社は、創業時より不動産業務における様々な課題を、IT技術を用いて効率的・効果的に解決する「不動産テック企業」として、事業を推進しております。
 今般、当社が掲げる「Real Estate Tech 360」に沿った新サービスとして、以下のとおり「データサイエンス サービス」の提供を開始いたします。

2.新たな事業の概要
(1)新たな事業の内容(データサイエンス サービス)

 @プロパティに蓄積されたビッグデータを最新のAI技術等によって解析することで得られる、最適賃料の算出、退去確率・空室期間・改修工事投資効果の予測等を希望する顧客に提供いたします。本サービスの利用により、不動産の効率的な管理・運用に貢献することが期待できます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811280855-O1-Err2JOFw

 また、前述の技術を応用し、不動産・地理情報等の外部情報を併せて活用することで可能となる商業施設売上予測サービスを新たな事業として展開いたします。本サービスの利用により、飲食・小売業など多店舗を展開する企業の新規出店検討の効率化、既存店舗の運営改善・業態変更などによる売上の向上が可能となります。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811280855-O2-3qdi0912

 なお、本サービスでは継続的な顧客利用を前提として、安定的な収益確保と利用に応じた予想モデルの強化が図られ、従来の業務コンサルティング等とは一線を画す画期的サービスとなります。
現在、この商業施設売上予測サービスは試験的に営業を開始しており、足元では多店舗展開する企業数社から受注と引き合いをいただいており、好調に推移しております。

(2)新たな事業を開始する時期
2019年1月より

以 上

<会社概要>
社名 : プロパティデータバンク株式会社
代表者 : 代表取締役社長 板谷 敏正
所在地 : 〒105-0013 東京都港区浜松町1-29-6 浜松町セントラルビル
設立 : 2000年10月
事業内容 : 不動産・施設等の運用管理に関するクラウドサービスの提供

商業施設売上予測サービス
@プロパティに蓄積された情報解析サービス
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ