プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

横河レンタ・リース株式会社

Windows 10 プロビジョニングパッケージ運用サービス「Simplit プロビジョニング」提供開始

2018年11月28日

横河レンタ・リース株式会社

Windows 10 プロビジョニングパッケージ運用サービス「Simplit(TM) プロビジョニング」提供開始
~ マスターイメージの作成不要、IT管理者のWin10運用負荷軽減 ~

横河レンタ・リース株式会社(以下、横河レンタ・リース、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:金川 裕一)は、Windows 10 を利用する法人向けにプロビジョニングパッケージ運用サービス「Simplit プロビジョニング」(シンプリット プロビジョニング)を2018年12月17日に提供開始します。価格は、基本料金が年36万円、1パッケージあたり年60万円(税抜き)で、2021年までの販売計画は260社、4億円です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811270765-O1-sRMjKnhC
提供の背景
2020年1月のWindows 7延長サポート終了に伴い、Windows 10 へ移行する企業が徐々に増えている一方で、Windows 10 の展開・運用においてマスターイメージの作成はSemi-Annual Channelに合わせ半年ごとに作り直す必要があり、また、PCの機種ごとにマスターイメージを作るなど、クライアント端末の種類が多ければ多いほどIT管理者にとっては大きな負担となっています。
これらの運用負荷を軽減する方法として、プロビジョニングパッケージという機能がありますが、インストールが完了するまでに時間がかかったり、Windows 10 のバージョンの更新ごとに作り直す必要があったり、Windows 構成デザイナーを使いこなすことへのハードルがあったりと、IT管理者の負担は依然として残っていました。
そこで横河レンタ・リースは、プロビジョニングパッケージの作成からWindows 10 のバージョンアップにあわせて更新、再作成までを行うプロビジョニングパッケージ運用サービス「Simplit プロビジョニング」を提供開始し、IT担当者の負荷を軽減します。また、プロビジョニングパッケージの作成・アップデート・PCのOSやドライバのセットアップを当社テクニカルセンターで可能な限り自動化することで、お客さま自身でWindows 10の展開・運用を行うのに比べ、運用コストの削減が可能になります。
「Simplit プロビジョニング」を活用することで、IT管理者や情報システム部門の担当者は、Windows 10 のバージョンアップにあわせてマスターを更新する必要がなくなり、クライアント端末を利用するユーザーは、常に最新のWindows 10 のPCが利用可能になります。

なお本サービスは、富士ソフト株式会社(以下、富士ソフト、本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)との提携により、プロビジョニングパッケージへの対応アプリケーションの組み込み、定期的なアップデートを富士ソフトがサポートします。

今後、横河レンタ・リースは、富士ソフトをはじめとするさまざまなパートナー企業とともにお客さま固有の環境・アプリケーションなどに合わせた各種カスタマイズサービスを提供する予定です。パートナーとともに市場を活性化・拡大することで、 Windows 10 の運用負荷を軽減し、お客さまのビジネスに貢献してまいります。

Simplit プロビジョニングについて

対象ユーザー
Windows 10 への移行にあたり、運用を全面的に見直し、最適化しようとしているIT部門、情報システム部門の担当者

価格(年間)
基本料金(月1回の設定変更・アプリ変更、半年に1回のアップデート対応):36万円
1パッケージの料金(15アプリ以下):60万円
*上記価格はすべて税抜き価格です。

Simplit プロビジョニングついての詳細
下記URLを参照ください。
https://www.yrl.com/product/it_rental/support/ppkg.html

エンドースメント
今回の横河レンタ・リース様における「Simplit プロビジョニング」販売開始を心より歓迎いたします。
弊社はSIerとして、お客様環境のWindows10移行支援だけでなく、ICTを活用した働き方改革によるお客様の企業価値向上までを含めた全体最適化ソリューションをご提供しています。この度の横河レンタ・リース様との協業で生み出されましたソリューションモデルを活用し、Windows10へ移行されたお客様の運用面で抱えられている課題解決に向け更に貢献してまいります。
富士ソフト株式会社 代表取締役 社長執行役員 坂下 智保

【会社概要】
●商号: 横河レンタ・リース株式会社   URL:https://www.yrl.com/
・本社:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト
・事業内容:
[レンタル事業]
『所有から利用へ』をコンセプトにIT機器から計測器、マイクロプロセッサ開発支援装置まで、最新鋭機器をレンタルで提供し、研究・開発から生産・保守メンテナンスまでお客さまの事業活動を幅広くサポートします。また計画・調達・導入・運用・廃棄処分もしくはリプレースまでのライフサイクル全般を支える総合的なソリューションの充実を進めています。
[システム事業]
日本ヒューレット・パッカード社のプラチナパートナーとして、お客さまのITインフラの運用コスト削減、堅牢性と柔軟性の向上を目指した提案をします。IT機器の販売からシステム基盤設計・構築・保守まで、お客さまの業務に最大限有効にご活用いただけるための広範なソリューションを取りそろえています。
・設立: 1987年1月  ・資本金: 5億2,800万円  
・主要株主: 横河電機株式会社、芙蓉総合リース株式会社

以上

*記載の会社名、製品・役務の名称は、各社の商号、商標または登録商標です。

「Simplit プロビジョニング」提供イメージ図
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ