プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

グローバル電子株式会社

タイプJアウトレット 4710-5シリーズ [配線の効率化、省スペースでトータルコストを削減]

2018年11月27日

グローバル電子株式会社
SCHURTER AG

タイプJアウトレット 4710-5シリーズを販売開始
インテリジェントPDU、UPS向け。配線の効率化、省スペースでトータルコストを削減

SCHURTER AG (シュルター : スイス ルツェルン SCHURTER Group CEO, Ralph Mueller │ www.schurter.com )は、この度、「タイプJアウトレット4710-5シリーズ」をリリースしました。SCHURTERの正規代理店であるグローバル電子株式会社(東京都新宿区 代表取締役 松田 樹一│www.gec-tokyo.co.jp )は、同シリーズの国内販売を開始いたします。

4710-5シリーズは、タイプJのIECアウトレットにステータス表示用のライトパイプを内蔵できるコンパクトな製品です。データセンターで利用されるインテリジェントPDUやUPS等、複数の電源アウトレットを必要とするアプリケーションに最適で、配線の効率化、省スペース、コスト削減に貢献します。

ステータス表示用ライトパイプ
4710-5シリーズは、回路基板に取り付けられたLED光を導くためのライトパイプを最大4つまで取り付けすることが可能です。これにより、個別の電源アウトレットでのステータス表示機能を省スペースで追加でき、コストを削減します。LEDの動作は、機器開発者により自由に構成することができます。適切に利用するために、アウトレットの配線後にライトパイプの取り付けを行います。

IDC(圧接)端子
IDC端子を採用しているため、複数のアウトレットを単一工程で素早く効率的に配線できます。組み立てに要する時間を短縮し、トータルでのコスト削減に貢献します。L端子は、電源やステータス表示を個別にするために基板接続用に設計されています。この端子は、要求に応じてクイック端子や半田端子に変更することが可能で、端子の方向は、水平・交差の2バージョンがあり、PDUの設計やアウトレットの配列に合わせて選択できます。

コード保持・パネル取り付け
4710-5シリーズで採用しているV-Lockコード保持機構により、意図しない電源コード抜けを防止することができます。パネル取付方法はスナップイン方式で、パネル厚1.0~3.0㎜に対応します。
【動画: https://www.youtube.com/watch?v=zlhOHFNeanQ

グローバル電子は、SCHURTERとの密接な協力体制のもと、お客様にお役に立てる製品とサポートをご提供してまいります。

国内お問い合わせ先
【製品のお問い合わせ】
グローバル電子株式会社 機構事業部
TEL 03-3260-1417
お問い合わせフォーム https://www.gec-tokyo.co.jp/Z48

【プレスリリースに関するお問い合わせ(報道機関)】
グローバル電子株式会社 経営企画室 Marcom部
担当者 マレ ホルヘ/野本 花枝
TEL 03-3260-1412

グローバル電子株式会社について
グローバル電子は、多岐に亘る最先端の電子部品を世界から調達し、かつ、自社でも、中国を含む工場で電子部品を製造し、顧客企業様に高い付加価値でのソリューションを提案・提供できる電子機器総合企業です。特にアナログ技術においては他社の追随を許さないレベルを目指します。
設立 1978年7月 本社所在地 東京都新宿区 www.gec-tokyo.co.jp

SCHURTER (シュルター)について
SCHURTERは、電気機器、電子部品の国際的なリーディングカンパニーです。安全な電源と使いやすい機器に焦点を当てています。広範な製品は、回路保護、プラグ・コネクタ、EMC製品、スイッチ、電源入力システムおよび製造サービスの分野での標準ソリューションで構成されています。 SCHURTERの主要なグローバルネットワークは、信頼の高いデリバリーと専門的な製品サポートやサービスをご提供いたします。
設立 1933年 本社所在地 スイス ルツェルン www.schurter.com

タイプ J アウトレット 4710-5
4710-5 端子交差バージョン
4710-5 端子水平バージョン
4710-5 タイプJ アウトレット

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ