プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

5Gを活用してVR空間内でスポーツ観戦を楽しめる「VRソーシャルビューイング」の実証実験を実施

2018年11月21日

NTTドコモ

「柔道グランドスラム2018」で5Gを活用してVR空間内でスポーツ観戦を楽しめる「VRソーシャルビューイング」の実証実験を実施
~試合会場と離れた場所にいる観戦者同士で体験を共有できるVR空間を構成する「VRアバターコミュニケーションプラットフォーム」をドコモが開発~

 株式会社テレビ東京ホールディングス(以下、テレビ東京HD)と、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「柔道グランドスラム2018」において、第5世代移動通信方式(以下、5G)を利用した、VR空間内でのスポーツ観戦と観戦者同士のコミュニケーションを楽しめる「VRソーシャルビューイング」の実証実験を、2018年11月24日(土)に実施いたします。

 本実証実験で実施する「VRソーシャルビューイング」では、ドコモが開発した「VRアバターコミュニケーションプラットフォーム」により、試合会場と離れた場所にいる観戦者がヘッドマウントディスプレーを装着し5Gを通じてVR空間へ参加することで、VR空間内でのトークライブや参加者同士でのコミュニケーションを楽しみながら、VR空間内に設置されたディスプレーを通じて、スポーツ中継映像をリアルタイムでお楽しみいただくことができます。
 VR空間内へ投影する映像は、会場内の四つの試合場や練習場などのさまざまな地点や角度から撮影した最大16台のカメラの映像で、高速・大容量が特長の5Gを活用して送信いたします。観戦者は、VR空間内で、最大16画面の映像から、見たい映像を選択して、観覧することができます。
 
<VR空間内のイメージ>
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811140348-O2-ei2g8VSf

 本実証実験での「VRソーシャルビューイング」の模様は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」にて無料同時配信します。(「Paravi(パラビ)」については別紙参照)

 テレビ東京HDとドコモは、場所を選ばず、いつでも遠方の友人などともコミュニケーションしながらスポーツ観戦ができる「VRソーシャルビューイング」による新たなスポーツ観戦スタイルやビジネスモデルの可能性について、今後も検証を行ってまいります。

別紙
実証実験概要

1.内容
 「柔道グランドスラム2018」にて、「VRアバターコミュニケーションプラットフォーム」により構成するVR空間での「VRソーシャルビューイング」の実証実験を行います。

2.日時・場所
  日時:2018年11月24日(土) 11:00~15:00
     ※時間内で1回当たり30分間のイベントを複数回実施。
  場所:「丸善インテックアリーナ大阪」内 特設ブース (大阪府大阪市港区田中3丁目1−40)

3.実証実験の主なポイント
 ・VR空間内で、イベントの進行役となる2名(Vチューバ―:七瀬 大空/タレント:オテンキ のり)が柔道実況解説と試合の進行に合わせたトークライブを実施。同時に、VR空間内の観戦エリアで、ヘッドマウントディスプレーを装着した観戦者2名がリアルタイムに試合映像を観戦するとともに、観戦者同士でコミュニケーションをとることができる。
 ・VR空間内では、正面側の巨大ディスプレーで試合の配信をし、同時に側面のディスプレーで会場内の四つの試合場や練習場などのさまざまな地点や角度から撮影した映像を最大16画面のサムネイル画像で配信。VR空間内でVチューバーがサムネイル画面を選択し、正面側のディスプレーの映像の切り替えが可能。これにより、見たい試合や、見たいアングルを指定して観戦を楽しむことができる。
 ・映像の一部には、パナソニック株式会社の8K AI搭載カメラシステムを使用。固定した高解像8Kカメラ1台の映像から、AIにより被写体を認識して自動追尾とサイズ調整を行い、自動で複数のHD映像を切り出す。スポーツ中継はじめ将来の番組制作での活用が期待される。
 ・VR空間内の様子※1は、インターネット配信サーバを経由して、動画配信サービス「Paravi(パラビ)※2」にて無料同時配信※3する。

※1 外部視点(固定)から撮影した映像
※2 Paravi URL : https://www.paravi.jp/
   Paravi(パラビ)とは、メディアグループ6社(テレビ東京 HD、TBS HD、日本経済新聞社、WOWOW、電通、 博報堂DYメディアパートナーズ)の共同出資により発足した(株)プレミアム・プラットフォーム・ジャパンがお届けする動画配信サービスです。
※3 午前11時から午後3時までの間で複数回実施予定。

4.システム構成図
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811140348-O1-ulIf4D7s

参考
「柔道グランドスラム2018」大会概要 

柔道のワールドツアー最高峰の大会で、世界の強豪400人以上が参戦。世界ランクへの加点も大きい。

主管      公益財団法人全日本柔道連盟
開催場所    丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)
開催日・階級  ・2018年11月23日(金・祝)
         男子60㎏級、66㎏級、女子48㎏級、52㎏級
        ・2018年11月24日(土)
         男子73kg級、81㎏級、女子57㎏級、63㎏級、70㎏級
        ・2018年11月25日(日)
         男子90㎏級、100㎏級、100㎏超級、女子78㎏級、78㎏超級
試合スケジュール 予選  11:00~    決勝ブロック  17:30~
放送予定     ●テレビ東京
          11月 23 日(金・祝) 午後 5 時 55 分〜午後 7 時 56 分
          11 月 24 日(土) 午後 6 時 30 分〜午後 7 時 54 分
          11 月 25 日(日) 午後 6 時 30 分〜午後 8 時
         ●BS テレ東
          11 月 23 日(金・祝) 午後 5 時〜午後 5 時 55 分
          11 月 24 日(土) 午後 5 時〜午後 6 時
          11 月 25 日(日) 午後 5 時〜午後 5 時 54 分
                     午後 6 時 30 分〜午後 8 時

■NTTドコモの報道発表資料はこちらをご覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/index.html

VR空間内イメージ
システム構成図
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ