プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

【gooニュース】プロ野球速報のPV数からみる2018シーズン注目球団ランキングを発表

2018年11月21日

NTTレゾナント株式会社

プロ野球速報のPV数からみる2018シーズン注目球団ランキングを発表
セ・リーグ1位は「広島」、パ・リーグ1位は「ソフトバンク」

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)は、「gooニュース」で提供しているプロ野球速報( https://live.sports.goo.ne.jp/baseball/npb/ )の各試合のページビュー数(以下、PV数)を比較し、シーズン開始から日本シリーズ終了までの間に注目された球団をランキング形式で発表します。

1.球団別PV数ランキングについて(調査期間:2018年3月30日~11月3日)
【セントラル・リーグ】※ ()内はリーグ戦終了時での球団勝敗順位
1位 広島東洋カープ (1)
2位 読売ジャイアンツ (3)
3位 阪神タイガース (6)
4位 横浜DeNAベイスターズ (4) 
5位 東京ヤクルトスワローズ (2)
6位 中日ドラゴンズ (5)

 セ・リーグの球団別PV数ランキングの首位は広島東洋カープとなりました。2018シーズンは、他球団の追随を許さぬ独走状態の首位で球団史上初のセ・リーグ3連覇を達成しています。「gooニュース」のプロ野球速報でも、広島東洋カープの試合が24%と圧倒的な注目度を誇っていました。なお、広島東洋カープの最も注目された試合は、7月20日の巨人戦。9-8で迎えた延長10回裏に下水流昂選手の逆転サヨナラ2ランホームランで広島東洋カープが勝利した、劇的な試合でした。

【パシフィック・リーグ】※ ()内はリーグ戦終了時での球団勝敗順位
1位 福岡ソフトバンクホークス (2)
2位 埼玉西武ライオンズ (1)
3位 北海道日本ハムファイターズ (3)
4位 東北楽天ゴールデンイーグルス (6)
5位 千葉ロッテマリーンズ (5)
6位 オリックス・バファローズ (4)

 パ・リーグの首位は2年連続で日本一となった福岡ソフトバンクホークス。リーグ戦は埼玉西武ライオンズに首位を奪われたものの、クライマックスシリーズを勝ち上がり、日本シリーズでは広島東洋カープを下して日本一となりました。なお、福岡ソフトバンクホークスの最も注目された試合は、日本シリーズ第5戦、11月1日の広島東洋カープ戦。4-4で迎えた延長10回裏に柳田悠岐選手のサヨナラホームランで勝利し、日本一に王手をかけた試合です。

2. 「 gooニュース」のスポーツコンテンツの取り組みについて
 「gooニュース」は約300メディアと提携し、国内ポータルサイトが提供するニュースサービスでは取り扱いメディア数において日本最多規模(NTTレゾナント調べ)となります。今までスポーツに関心がなかった方にもスポーツに親しんでいただけるよう、速報や選手にフォーカスした記事を配信し、「gooニュース」のスポーツコンテンツへの取り組みをさらに強化していきます。

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

球団別PV割合(セ・リーグ)
球団別PV割合(パ・リーグ)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ