プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

シュナイダーエレクトリック株式会社

シュナイダーエレクトリック、工場などIIoTの電源環境を支える小型UPS「SecureUPS」を日本先行発売

2018/11/20

シュナイダーエレクトリック

シュナイダーエレクトリック、工場などIIoTの電源環境を支える常時インバーター(*1)方式の小型UPS「SecureUPS」を日本先行発売

•温度-10~55℃、湿度0~95%の幅広い環境に対応
•超長寿命バッテリー採用により期待寿命8年を実現
•最大10台の拡張バッテリーにより長時間の停電時にも対応
•汚染度(*2)3に対応することで工場向けUPSとしても利用可能
•業界最高水準の力率0.9により高負荷に対応し多くの機器との接続が可能

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、UPS(無停電電源装置)のリーディングブランド「APC by Schneider Electric」から、ブランド初となるIIoT(産業用IoT)環境に適した常時インバーター方式*1小型UPSの新シリーズ「SecureUPS」(セキュアユーピーエス)を国内で発売します。今回の新シリーズは世界に先駆け日本で先行して販売するもので、受注開始は、12月20日を予定しています。

UPSは、突然の停電などの電源障害時に、PCや制御機器など接続されている機器に一定時間電力を供給する機器です。昨今のIoTやAIなどの発達によりデータ活用が進むなか、工場などの生産現場でもデジタル化が進んでいます。生産現場では、災害対策での電源保護の必要性に加え、ラインを管理するための産業用PCや制御装置なども瞬断はおろか電圧や波形の乱れも許されないケースがあり、空調や電源管理が整っていない環境でも効率的かつ安定的に稼働する常時インバーター方式のUPSが求められています。

今回販売を開始する「SecureUPS」は、生産現場で求められる常時インバーター方式を採用しています。万が一の停電の際にも無瞬断で接続機器への電力供給が可能です。また、幅広い温度・湿度にも対応し、オフィスに比べてほこりや工作機械の切削粉などが多い工場などにも設置可能な「汚染度3」に対応しています。このため、駅の券売機や運行管理用設備、自動改札機などへの設置にも適しています。さらに、拡張バッテリーを10台まで搭載することができ長時間の停電時にも対応できます。これらの機能に加え、業界最高水準の力率0.9を実現し、より多くの機器との接続が可能、価格的にも競争力ある製品です。
シュナイダーエレクトリックでは、工場などの様々な環境の現場へ、積極的な導入を図っていきます。

発売する製品の参考資料
【「SecureUPS」シリーズ仕様】
製品名:SecureUPS Online 750VA / SecureUPS Online 1000VA
製品型番:XU750JJXXRX-JP / XU1K0JJXXRX-JP
運転方式:常時インバーター
定格入力電圧:AC100V/110V/115V/120V単相
最大出力容量:675W(750VA ) / 900W(1000VA)
推奨バッテリー交換時期:約8年 (周囲温度5-25)*
質量:約23kg
外形寸法〔高さ×幅×奥行(mm)〕:85 × 432 × 505 (2U ラックマウント対応)
使用環境:最大高度3,000メートル、湿度0~95%、温度-10~55(結露なきこと)
*放電の回数と周囲温度によって変化するため、交換目安は保証値ではありません。

【主な特長】
●拡張バッテリー対応 (最大10台)
●工場等でも設置可能な汚染度3対応 (添付ダストフィルター使用)
●業界最高水準の力率0.9
●広い環境温度帯域(-10~55℃)
●超長寿命バッテリー採用(最大8年)
●LCDディスプレイによる設定・監視
●標準保証3年、標準保証を含めて最長7年までの延長サポート
●RoHS指令(*3)準拠

(*1)常時インバーター方式は、電源障害時に電力供給の遮断が発生しない給電方式です。回路に、2 つのインバーターが存在し、通常稼動時は AC(交流電流)をインバーター経由で DC(直流電流)に変換し、再度インバーターを介して AC に変換してから負荷機器に電力を供給します。また、2 つのインバーター間にはバッテリーが存在し、常に充電、通電しているため、電源障害時に、バッテリーからのバッテリー出力に切り替わる際も、切り替え時間による遮断が発生しません。

(*2)汚染度は、機器が使用される空気中のほこりなどの汚染により1~4の段階に分類されています。汚染度1はクリーンルーム、2は事務所、3は工場、4は屋外を主に定義しています。

(*3)RoHS指令はEU域内で流通する電気電子製品に対し、製品中に使用される有害な化学物質を制限し、環境への負の影響を低減することを目的とした指令です。日本国内においては、EUの規制が直接適用されることはありませんが、ユーザー各社様のグリーン購入基準等に取り入れられており、特にEU向けに輸出する製品やシステムについては実質的に適合が要求されます。詳細は弊社Web(http://www.apc.com/jp/ja/who-we-are/sustainability/environmental-compliance/rohs-reach-compliance.jsp)をご参照ください。

製品画像
https://schneider-electric.box.com/s/5oq4ds60vlyllnipkfupc8jy9h288dow

Schneider Electricについて
シュナイダーエレクトリックは、ビル、データセンター、電力インフラ、工場に向けたエネルギーマネジメントとオートメーションの「デジタルトランスフォーメーション」を推進しています。
世界100ヵ国以上で事業を展開し、低・高電圧およびセキュアパワーのエネルギーマネジメントとオートメーションシステムの分野で名実ともに業界のリーダーです。エネルギー、オートメーション、ソフトウェアを組み合わせ、統合された効率化システムを提供します。
当社のグローバルなエコシステムの中で、当社のオープンプラットフォームを活用しさまざまな企業や開発者コミュニティと連携することで、リアルタイム管理や高効率な運用を実現します。
私たちは当社をとりまく素晴らしい人々やパートナーに支えられ、そして技術革新・多様化・持続可能性へのコミットメントを通して、いつでも、どこでも、だれにでも「Life Is On」を実現します。 www.se.com/jp

製品画像①
製品画像②
製品画像③
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ