プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富士ゼロックス株式会社

小規模事業所のネットワークセキュリティー対策に「beat/solo サービス」発売

2018年11月19日

富士ゼロックス株式会社

小規模事業所のネットワークセキュリティー対策を包括的に支援する低価格なアウトソーシングサービス販売開始

「beat/solo サービス」セキュリティー環境の構築から日々の運用・管理までの負担を軽減

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社: 東京都港区、社長: 玉井 光一)は、組織の情報資産とIT利活用環境を守るセキュアなネットワーク環境の構築および運用・管理を包括的に支援する、小規模事業所向けの低価格なアウトソーシングサービス「beat/soloサービス」を11月19日に販売開始します。

beat/solo サービスは、これまで、より大きな事業所向けに提供してきた「beatサービス」の基本サービスを継承しながら、機能や標準利用者数を小規模事業所向けに最適化したことで、低価格で導入・運用可能なサービスです。不正アクセスやウイルス、迷惑メールなどのさまざまな脅威を検知・遮断するゲートウェイ装置(beat-box)の導入に加え、ネットワークオペレーションセンター「beat-noc」によるbeat-boxのリモート監視や各種ソフトウェアの自動更新、さらには、お客様をリアルタイムでサポートする「beatコンタクトセンター」のサービスにより、オフィスに必要なセキュアなネットワーク環境運用を包括的に支援します。

導入時に複雑な設定の必要がなく「beat-box」をオフィスネットワークの出入り口に接続するだけで、セキュアな環境の構築が可能となるほか、アウトソーシングにより導入・管理・運用に係る負担を低減するため、情報システム管理の専任担当者がいないケースでも必要なセキュリティー対策を整えることが容易になります。

また、オフィスの外からでも、社内ネットワークに安全な接続を担保する「beatリモートアクセスサービス」や、社内から外部Webサイトへのアクセスを制御する「beatコンテンツフィルターサービス」などのオプションサービスの提供を通じ、お客様ごとの利用実態にあわせたネットワーク構築が可能です。

IT利活用の急速な普及と技術の進化に伴い、組織の情報資産やIT利活用環境の安全を脅かすサイバー攻撃・犯罪やWebアクセスによる脅威は、公的機関や大手企業はもとより、中小企業にも拡大しています。ネットワーク利用状況やシステム管理の形態に応じたITマネジメント、ネットワーク環境の構築が求められる一方で、中堅・中小企業においては、IT人材の不足や導入後の運用におけるノウハウ不足、コストの最適化が課題となっています。

富士ゼロックスは、今後も情報セキュリティー領域において、サービスラインアップおよび機能の拡充を通じ、多様化・巧妙化を続けるさまざまなネットワーク脅威に対応し、お客様が安心してITを利活用できる環境構築を支援してまいります。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ