プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般社団法人定年後研究所

「定年後」に関する定量調査

2018年11月15日

一般社団法人 定年後研究所

50代会社員を直撃する「役職定年」がもたらす経済的損失1.5兆円!
・50代会社員が企業に求めるセカンドライフ支援策
  第1位「長期休暇」 第2位「副業公認」 第3位「キャリア研修」
・60代で生活イキイキ度が高いのは、定年準備として「友達づくり」をした人。
 イキイキとした60代の生活には、50代からコミュニケーション力を磨くことが重要?!

一般社団法人 定年後研究所(東京都港区、所長:得丸 英司)は、定年制度のある組織に在籍する50代男性1,000人、女性500人および、50代に当該組織に在籍していた60代500人を対象に、定年前後のリアルな気持ちや実態を明らかにする「定年後」に関する定量調査を実施いたしました。主な調査結果は以下の通りです。

1.50代シンドローム*)
・ 50代ビジネスパーソンのモチベーション低下をもたらす「50代シンドローム」
・「役職定年」経験者の約4割(36.4%)が「モチベーションダウン(やる気の低下)」を実感
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811130308-O1-6V716KLF
・「50代での出向」経験者が感じた気持ちトップ3は、「モチベーションダウン」、「あきらめ」、「さびしい・孤独」
・「希望のセクションからの異動」は、「役職定年」、「50代での出向」よりも、「モチベーションダウン」を感じる人が多い

2. 50代会社員の「役職定年」がもたらす経済的損失
・ 50代会社員が経験した「役職定年」がもたらす経済的損失は1.5兆円!

3. 60歳以降の生活予想 
・50代会社員男女の60歳以降の「生活イキイキ度」アップ予想は 男性>女性!働く50代女性の約4割が、「生活イキイキ度」はダウンと予想
・イキイキ度が上昇すると予想した理由のキーワードは、「やりたいこと・好きなこと」、「時間の余裕」、「解放」! イキイキ度が低下すると予想した理由のキーワードは、「経済面」、「生きがい」、「健康面」などのいわゆる定年後の不安
・現60代の生活イキイキ度は100点満点の69.4。60歳になる前に、「友達づくり」や「家族との関係づくり」をした人、現在の友達が多い人のほうが、「生活イキイキ度」が高い

4. 50代会社員が60歳以降の生活に向けて企業に望むこと
・60歳以降の生活に向けて、企業に望む支援策は「長期休暇」、「副業公認」、「キャリア研修」などが上位に。新たな「仕事での挑戦」を希望

*)ビジネスパーソンが50代になり、「役職定年」、「50代での出向」、「希望のセクションからの異動」などを経験することによって、「働くことに対するモチベーション」が下がる傾向があることが明らかになりました。定年後研究所ではこの現象を「50代シンドローム」と呼んでいます。

※詳しい調査結果は、下記のページに公開しています。
https://www.teinengo-lab.or.jp/information/4274/

「役職定年」がもたらした気持ち(上位10項目)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ