プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社鳴鳳堂

第1回鳴鳳堂国際青年映像祭、福岡にて開催!

2018年11月9日

株式会社鳴鳳堂

福岡にて株式会社鳴鳳堂(本社・福岡市)と北京電影学院(中国・北京)との共同主催による、日中の若手映像制作振興と交流を目的とした「第一回鳴鳳堂国際青年映像祭」が6日福岡県にて開催されました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O1-J6z4ZE1Y

 本映画祭は「未来を変える 映像新世代」をテーマとし、新時代の若手映像制作者の成長支援、中日両国の映像文化の交流を目的として行われ、午前中には開会式及び「12+12九州写真展」が行われ、映画祭実行委員長である株式会社鳴鳳堂取締役蘇慶(そ・けい)氏、副委員長の特定非営利活動法人映像情报士協会理事長榎田竜路氏、北京電影学院視听傳媒学院院宿志剛(しゅく・しごう)氏、何振良(か・しんりょう)駐福岡中国総領事、福岡市経済観光文化局国際経済・コンテンツ部長 宮原修氏、国際的デザイナーで2020年に開催される東京オリンピックにて134カ国の国ごとのプラカードを持つ女性が着る着物のデザインを担当している千地泰弘氏らが登壇しテープカットを行いました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O2-ilfqzL9C
開会式にて業界著名人による舞台挨拶

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O3-gh1TYrCI
テープカットの様子

 同日夜には授賞式が行われ、中日両国の関連大学、専門校の卒業生計321作品の中から日本からは銀賞の日大芸術学部卒業の志真健太郎監督作品「男たちの楽園」等計4作品が受賞しました。
 何振良(か・しんりょう)駐福岡中国総領事はあいさつで、今回の映像祭は若手映像制作者に才能の表現と交流のきっかけを提供しただけでなく、中日両国民間の相互理解の促進にも寄与したと述べました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O4-R2uWa7a5
何振良駐福岡中国総領事による挨拶

 また実行委員会名誉委員長である在アメリカ映画プロデューサーYue-Sai Kan氏、特別顧問でアカデミー外国語映画賞受賞監督である瀧田洋二郎氏からのビデオレターでの祝辞が放映されました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O5-G5gDqxVq
映画プロデューサーYue-Sai Kan氏によるビデオレター

 本映画祭授賞式には日本人映画監督・塙幸成氏、撮影監督・古屋幸一氏、中国香港映画監督・頼水清氏、インド人映画プロデューサー・パリーワル・ヴィカシュ氏ら国際的に活躍している業界人が多く参加され、皆参加作品のクオリティに大変驚いておりました。
 またプレゼンテーターとして中国映画プロデューサー・黄瀾氏、株式会社中国電視代表取締役でドキュメンタリー映画プロデューサーでもある劉斌氏らが登壇し、本映画祭への想い等を述べられました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O6-0k05jpSn
左から劉斌氏、ドキュメンタリー部門金賞代理楊柳依氏、映画監督塙幸成氏

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O7-z3pSkMRZ
映画プロデューサー張震燕氏(中央左)、実行委員会副委員長榎田竜路氏(中央右)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O8-58Zt98Kc
授賞式の様子

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O9-Xo4mIl46
中国著名映画プロデューサー・監督がプレゼンテーターとして登壇

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O10-ji62Pbi6
鳴鳳堂国際青年映像祭に貢献した学校組織に送られる組織賞

同映像祭最高賞である鳴鳳堂大賞は北京電影学院卒業生の王一寓(おう・いちぐう)監督による「泳いで帰ろう」(原題:「遊泳回家」)が受賞し、実行委員長蘇慶氏から賞金100万円を授与されました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O11-4D9On7S8

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O12-nLA99aeV
喜びの言葉を述べる鳴鳳堂大賞受賞作品「泳いで帰ろう」王一寓監督

本映像祭レセプションパーティ及び開会式、授賞式では日本伝統芸能のパフォーマンス、そして日本、福岡を代表するアーティストによるライブも行われ、日中及び世界各国から集ったゲストや観客らを魅了しました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O13-G6KQm3dT
琉球國祭り太鼓福岡支部による「ミルクムナリ」

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O14-9f9NC9Dy
鳴鳳堂青蓮社による演舞「四季の彩」

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O15-afHTbWTF
レセプションパーティでの尺八、箏によるパフォーマンス

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811090205-O16-ixg7Md7s

受賞者及びゲストによる記念写真
開会式にて業界著名人による舞台挨拶
テープカットの様子
何振良駐福岡中国総領事による挨拶
映画プロデューサーYue-Sai Kan氏によるビデオレター
左から劉斌氏、ドキュメンタリー部門金賞代理楊柳依氏、映画監督塙幸成氏
映画プロデューサー張震燕氏(中央左)、実行委員会副委員長榎田竜路氏(中央右)
授賞式の様子
中国著名映画プロデューサー・監督がプレゼンテーターとして登壇
鳴鳳堂国際青年映像祭に貢献した学校組織に送られる組織賞
喜びの言葉を述べる鳴鳳堂大賞受賞作品「泳いで帰ろう」王一寓監督
琉球國祭り太鼓福岡支部による「ミルクムナリ」
鳴鳳堂青蓮社による演舞「四季の彩」
レセプションパーティでの尺八、箏によるパフォーマンス

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ