プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本ストライカー株式会社

AED遠隔モニタリングサービスを実現する外付け通信機器「HeartSine ゲートウェイ」を日本向けに販売開始

2018年11月6日

日本ストライカー株式会社

AED遠隔モニタリングサービスを実現する外付け通信機器「HeartSine ゲートウェイ」を日本向けに販売開始

 日本ストライカー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 佐伯広幸)は、自動体外式除細動器(AED)の遠隔モニタリングを可能とする外付け通信機器「HeartSineゲートウェイ(以下、ゲートウェイ)」を2018年11月7日に販売開始します。なお、ゲートウェイは、2018年11月7日から9日の期間に開催される第3回関西オフィス防災EXPOに出品されます。
ゲートウェイは、既に販売しているAED「サマリタン™ PAD」シリーズ1に接続し、ワイヤレス通信を使用してAED本体の自己診断記録を専用クラウドサービスLIFELINKセントラル(以下、LIFELINK)へ定期的にアップロードします。AED設置管理者が日常行うべきとされる、AEDの自己診断結果の確認や、消耗品の有効期限管理を強力にサポートします。
ゲートウェイは、専用アプリケーションで容易にセットアップ可能で、AED本体のバッテリを使用せず自身で動作します。AED本体とは独立してゲートウェイ自身の待機状態も監視し、何らかの異常が発生した場合にはクラウド経由で予め設定しておいた連絡先にアラートを送信します。

「サマリタン™ PAD」シリーズをお持ちのお客様はゲートウェイを利用することで、AEDの待機状態や電極パッドとバッテリが一体となったカートリッジの有効期限を追跡管理できる他、異常がある場合には、LIFELINKに予め設定しておいた連絡先にアラートが送られるので、AED管理のコストや手間を低減することが期待できます。

米国本社のAED事業統括ゼネラルマネジャーRyan Landonは、「ゲートウェイが提供する、遠隔で簡便にAED待機状態を管理する機能は、お客様が効率的にAEDプログラムを運営して行く一助となると考えています。また、設置管理者が実際に直面する可能性のある、消耗品の有効期限切れや万が一の装置故障等の諸問題を解決する手助けとなるので、突然の心停止に備えていつでもAEDを使用できるように準備をしておく事が容易になります」と述べています。

日本においては、一般市民が使えるようになった2004年以降、AEDは急速に普及し、これまでに全国で約60万台近くの設置が報告されています。2 ゲートウェイは、「いつでもどこでも起こりうる突然の心停止」に使用されるAEDの待機状態を遠隔モニタリングし、AEDプログラム管理の運用を強力にサポートします。

1サマリタン™PADシリーズの製品承認番号:
サマリタンPAD450P 医療機器承認番号:23000BZI00009000
サマリタンPAD350P  医療機器承認番号:22800BZI00030000

2 参照:公益財団法人 日本心臓財団ホームページ http://www.jhf.or.jp/aed/spread.html

日本ストライカー株式会社について
日本ストライカーは、人工膝関節や人工股関節、骨折治療や脊椎用のインプラント製品をはじめ、脳血管内治療用の製品、内視鏡、手術器械、無影灯や画像統合システム等の手術室関連製品、ベッドやストレッチャー、体外式除細動器、自動心臓マッサージシステムなどの循環器救急医療領域の製品など多様な医療機器を取り扱うグローバル企業、ストライカーコーポレーションの日本法人です。ストライカー社は米国ミシガン州に本拠地を置き、世界100カ国以上で事業を展開しています。日本ストライカー株式会社メディカル事業部門は、ライフパックシリーズ モニター付き除細動器、ライフパック及びハートサイン自動体外式除細動器(AED)ならびにLUCAS®胸骨圧迫システムなど、致死的なバイタルサインのモニタリングから、救命処置に至るまで、幅広い救急対応ソリューションを提供しています。日本ストライカーに関する詳細は、www.stryker.co.jpを、メディカル事業部の製品に関する詳細は、http://www.physio-control.jpをご覧ください。

製品画像(4点)
自動体外式除細動器(AED)「サマリタン™PAD」シリーズに接続する外付け通信機器「HeartSine ゲートウェイ」は、AED装置本体の自己診断記録を定期的に専用クラウドシステムにアップロードし、異常があればシステムから予め設定しておいた連絡先にアラートを送信します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811059989-O3-n2Q2v9A0

「HeartSineゲートウェイ」(上)を自動体外式除細動器(AED)「サマリタン™PAD※」シリーズに装着した状態(下)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811059989-O2-kbND7gG6

製品仕様
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811059989-O1-kLb37rcZ

本製品に関するお問い合わせ
日本ストライカー株式会社メディカル事業部
0120-715-545

画像①
画像➁
画像③
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ