プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

農林水産省

約13万人が来場! 都心に現れた“農園”で食文化を体験! 『JAPAN HARVEST 2018 丸の内農園』

2018年11月4日

「JAPAN HARVEST 2018丸の内農園」広報事務局

約13万人が来場!
都心に現れた“農園”で食文化を体験!
『JAPAN HARVEST 2018 丸の内農園』
2018年11月3日 (土)・4日(日)

農林水産省が主催する、農業や和食文化を楽しめるイベント「JAPAN HARVEST(ジャパン・ハーヴェスト)2018 丸の内農園」が11月3日(土)・4日(日)の2日間開催された。7回目を迎えた今年は、約13万人が集まり、様々な形で食文化に触れることができる機会となった。

●大学生が熱い対決!「食と農林漁業大学生アワード2018 」
イベント2日目となった4日は、丸ビル1F マルキューブにて、「食と農林漁業大学生アワード」が開催された。本アワードは、「食」と「農林漁業」を通じた「地域」の再生に向けて、大学生の相互の研鑽と連携の強化を促進するとともに、若者の取組の重要性についての国民的理解を深めることを目的として開催。全国から集まった「食」と「農林漁業」に関わる学生団体の中で、当日は書類選考をくぐり抜けた10団体が5分間のプレゼンテーション等で「農林水産大臣賞」を目指し競い合った。審査員もハイレベルと評した熱い戦いが続く中、今年農林水産大臣賞に輝いたのは、鳥取県で学生ボランティアと農村集落をつなぐ活動を行い今年は8人が鳥取に移住した「農村16きっぷ」。トロフィーを手にした代表者は、「2年前先輩方が受賞したこの賞を私達もいただけるとは思ってもいなかったが活動が認めてもらえて嬉しい。」と喜びを語った。出場者や審査委員らが一堂に会したフォトセッションでは、皆でかけ声を合わせてポーズをとるなど和やかな雰囲気でステージは幕を閉じた。

●地域に根ざした“惣菜”のおもしろさを体感!「“惣菜”をもっと美味しくもっとおもしろくPJ」
 続いて開催された「“惣菜”をもっと美味しくもっとおもしろくPJ」では、日本各地にある、その土地ならでは“惣菜”のルーツを知ることで、“惣菜”をもっと美味しく感じてもらうことを目的とした特別授業が開催された。現役大学生の地理女子3名による日本各地の「雑煮」をテーマにしたトークショーや、惣菜アドバイザーによるお惣菜作りのワンポイントレッスンが行われた。最後には惣菜クイズが行われ、来場者の方は惣菜のおもしろさを学ぶ機会となった。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811049948-O3-XaDTzwR7 】   
<「食と農林漁業大学生アワード2018」の様子>      

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811049948-O4-aYrQekOw
<「“惣菜”をもっと美味しくもっとおもしろくPJ」の様子>

●丸の内仲通り沿いの食と農林漁業を体験できるブースは来場者で連日賑わいをみせた
4つのエリアと特設ステージでは、食と農林漁業に関する様々な学び・体験ブース、約90ブースが出展。
・農業女子プロジェクトでは、ダイハツ ハイゼットトラックの荷台を活用し、農業女子プロジェクトに参画する
就農女性たちによるマルシェや、参画企業によるブース
・乳牛の搾乳、子牛への授乳、農作物の収穫等の体験できるブース
・ご当地!絶品うまいもん甲子園や、食と農林漁業大学生アワード出場者の学生たちによる展示や試食・販売
・国産農林水産物の消費拡大を目的としたフード・アクション・ニッポン アワードの受賞・入賞産品の試食・販売
・出汁の飲み比べのほか、身近・手軽に健康的な和ごはんを広める「Let’s!和ごはんプロジェクト」など和食文化の保護・継承などへ向けた取組の紹介
など、多種多様なブースが立ち並んだ。4日は時折雨が降る肌寒い天気の影響もあってか、「和食文化体験」内での温かいみそ汁や日本茶の試飲ができるブースも賑わいをみせていた。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811049948-O5-68Ibg3kF 】        

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201811049948-O6-0I49MAaB
<2日目の会場の様子>

〈開催概要〉
■名称:JAPAN HARVEST (ジャパン・ハーヴェスト) 2018 丸の内農園
■主催:農林水産省
■期間:2018年11月3日(土)・4日(日) 11:00~16:00
■会場:東京・丸の内仲通り
■入場料:無料   
■公式Webサイト:http://tabeyo-kokusan.jp/japan-harvest2018/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ