プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

国立大学法人 一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 ポーター賞運営委員会

一橋ICS EMBA記念シンポジウム「知的機動力経営とDynamic Capability」

2018年11月2日

一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻(一橋ICS)

一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻(一橋ICS)は11月5日 (月)  15時より如水会館にて「知的機動力経営とDynamic Capability」と題した記念シンポジウムを開催いたします。基調講演は一橋大学・野中郁次郎名誉教授、Berkeley Research Group会長・ディビッド・ティース教授が行います。

一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻(一橋ICS)では、昨年9月に新設したEMBA(Executive MBA)プログラムが2年目に入ったことを記念して「知的機動力経営とDynamic Capability」と題した記念シンポジウムを開催いたします。

当シンポジウムでは 本学・野中郁次郎名誉教授およびBerkeley Research Group会長のディビッド・ティース教授より、それぞれ「知的機動力経営」および「ダイナミック・ケイパビリティ」に関し、具体的な事例を交えた基調講演を行います。組織内外の知を機動的に総結集し、組織と環境が一心体で持続的成長を遂げることを目指す「知的機動力経営」、企業外部と内部の様々な能力・経営資源を再構成・統合させて持続的な競争優位をつくり上げる「ダイナミック・ケイパビリティ」。この二つの経営理論を通じ、変化の時代の企業経営のあり方、ならびにビジネスリーダーの育成について考えます。なおEMBAプログラムディレクター・伊藤友則教授より、9月に2期生を迎えたEMBAプログラムについて、ご紹介いたします。

参加ご希望の方はics-crm@ics.hub.hit-u.ac.jpまでEメールにてお申し込みください。

日時:2018年11月5日 (月) 15時~18時(14時半開場)終了後18時より懇親会
会場:如水会館 2階 オリオンルーム(東京都千代田区一ツ橋2-1-1)
参加費:無料

<式次第>
1.開会挨拶:一條和生(一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻 専攻長・教授)
2.基調講演:
野中郁次郎 一橋大学名誉教授
David Teece氏 Berkeley Research Group会長/カリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクール教授
3.一橋ビジネススクールEMBAプログラムのご紹介
伊藤友則(一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻教授・EMBAプログラムディレクター)
4.パネルディスカッション「企業のダイナミックな成長を導くリーダーシップ」
Jose Munoz氏 (日産自動車Chief Performance Officer)
Arun Bajaj氏 (日産自動車Chief Human Resource Officer)
Joe Bohling氏 (Berkeley Research Group Managing Director)
モデレーター・藤川佳則(一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻准教授・一橋大学副学長補佐)

<一橋ICS・EMBAプログラム概要
2017年9月開設の“すべて英語によるパートタイムEMBAプログラム”
 多様な少数精鋭の学生:学生15名、平均年齢40歳前後、外国人・日本人の構成は約50%ずつ、将来の経営幹部候補。
 一年間のモジュール型学位プログラム:1-2週間の集中講義と週末授業(オンライン含む)で、仕事を継続しながら学位(MBA)取得。
 日本的経営の強み(弱み)、デジタル革命がカリキュラムの根幹
 戦略の策定・実行について体得する
前半4ヵ月:ファウンデーションステージにて経営の基礎を学ぶ
後半8ヵ月:マスタリーステージで応用について学び、キャップストーンプロジェクトで所属企業の経営陣に対して具体的な戦略を提案。

ICS ロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ