プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大阪マラソン組織委員会

第9回大阪マラソンのチャリティ寄付先団体公募を開始します!

平成30年11月2日

大阪マラソン組織委員会事務局

大阪マラソンのチャリティは次のステージへ!
組織委員会とともにチャリティを推進する寄付先団体数を
これまでより倍増して第9回大阪マラソンの公募を開始します!

 大阪マラソン組織委員会は、第9回大阪マラソン(2019年・秋開催予定)のチャリティ寄付先団体の公募を、これまでより拡大して実施します。
 全ランナーがチャリティに参加し、観客の方々にもチャリティに参加する機会を提供するなど、「チャリティマラソン」として開催してきた大阪マラソン。
 『RUN FOR_“走ることが誰かのためになる”』という想いを胸に走るランナー。そのランナーにハイタッチ手袋(募金をした方に贈呈)で熱い応援を送る観客。ランナーは応援に力をもらい、観客はランナーの頑張る姿に感動し、そこには大阪マラソンならではの“良き循環”が生まれています。
 これまでに大阪マラソンを通じて募金したランナーは既に20万人を超え、募金累計額は約7億円に達し、組織委員会とともにチャリティを推進してきた寄付先団体もまもなく延べ100団体を超えようとしています。
 こうした“チャリティの環”を更に大きく、強くしていくため、今回、寄付先団体の公募方法を次のように変更します。

◆寄付先団体をパートナー(=仲間・共同運営者)と呼称
◆パートナーに次の2つのカテゴリーを設けます
 ・フラッグシップパートナー
  ⇒これまで公募してきた枠。7つの“支える”テーマに基づく14団体を募集
(NEW)
 ・チャレンジパートナー
  ⇒チャリティの活動を広げる「初めの一歩」にチャレンジする団体
   より幅広い団体の参加をめざし、多様なテーマで15団体を募集
◆テーマに「大阪のまちを支える(大阪応援枠)」を新設します

公募期間は、平成30年11月2日(金)から12月7日(金)までです。ぜひ積極的なご応募をお待ちしています!!

公募についての詳細については、大会ホームページの「チャリティ寄付先団体公募募集要項」をご覧ください。
http://www.osaka-marathon.com/2018/charity/contribute/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ