プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益財団法人自動車リサイクル促進センター

JARC 第2回「クルマのリサイクル」作品コンクール開催

2018年11月1日

公益財団法人自動車リサイクル促進センター

全国の小学生を対象にした
第2回「クルマのリサイクル」作品コンクール開催
主催:(公財)自動車リサイクル促進センター
締切日:2019年1月31日(木)

公益財団法人自動車リサイクル促進センター(所在地:東京都港区、代表理事:中村 崇 以下、「JARC」)は、小学生の学校教育での学びを通じ、自動車の産業や環境保全について考えてもらうことを目的として、全国の小学生を対象とした第2回「クルマのリサイクル」作品コンクールの募集を本日より開始いたします。

現在、多くの小学校では、日本の工業生産と関連して、国民生活を支える自動車産業に関る人々の工夫や努力の取組の一つとして、自動車リサイクルが授業の中で取上げられています。
この背景によりJARCは、自動車ユーザーを始めとしたクルマに関る人々による循環型社会に向けた工夫や努力の取組をまとめた壁新聞を全国小学校に配付し、紹介しているところです。

この度JARCは、学校教育と連動した情報提供の活動として、小学生自らが自動車リサイクルの学びを通じて、自動車の産業や環境保全に向けた取組の現状や将来を考え、自動車リサイクルの取組の理解が深められるように、全国の小学生を対象とした「クルマのリサイクル」の作品コンクールを開催することといたしました。(昨年度は全国から8,263件の応募がありました。)

本コンクールは、自動車リサイクルを学んだ小学生を対象とし、「クルマのほとんどがリサイクル」「リサイクルしやすいクルマづくり」など、小学生が皆に知ってほしいことを作品にして応募いただくコンクールです。

<第1回「クルマのリサイクル」作品コンクール受賞作品例>
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810319800-O4-eLXCA9y3

<第2回「クルマのリサイクル」作品コンクールの概要>

■主 催 :公益財団法人自動車リサイクル促進センター
■後 援 :経済産業省、環境省、全国都道府県教育委員会連合会、全国市町村教育委員会連合会、
      一般社団法人日本自動車工業会、一般社団法人日本自動車販売協会連合会、
      一般社団法人日本自動車リサイクル部品協議会、毎日新聞社/毎日小学生新聞
■応募資格 :小学生(日本在住)
■部  門 :①標語の部、②ポスターの部
■応募方法 :①標語の部⇒17文字(5・7・5)の標語と作品に込められた思い(100文字以内)
       ②ポスターの部⇒八つ切りサイズ(27cm×38cm程度)までの画用紙で、
        画材は自由(貼り絵は不可)
■応募宛先 :〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17-5F
       毎日企画サービス「クルマのリサイクル」作品コンクール事務局
■応募期間 :2018年11月1日(木)~2019年1月31日(木)必着
■入賞発表 :3月下旬
■賞     :個人賞、団体賞、参加賞 (*)
■問い合わせ先:「クルマのリサイクル」作品コンクール事務局
        03-6265-6814(平日の午前10時から午後5時まで)

(*)作品コンクールの詳細は次のURLを参照
URL https://www.jarc.or.jp/contest2018/

◎自動車リサイクルシステムの概要
国内では年間約330万台(2017年度)の使用済自動車が発生し、2005年1月に発足した自動車リサイクルシステムのもと、自動車メーカーや関連事業者などの自動車リサイクルの関係者が適正なリサイクルの取組を進めた結果、使用済自動車のほとんどがリサイクル。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810319800-O1-z1943Ld5

◎公益財団法人自動車リサイクル促進センター(JARC)とは
自動車のリサイクル及び適正処理の促進に関する各種事業を行うことにより、資源の有効な利用の向上及び環境の保全に貢献することを目的とする公益法人。

所在地 :〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-30 日本自動車会館11階
設立 :2000年(平成12年)11月22日
理事長 :中村 崇(なかむら たかし)
自動車リサイクル法指定法人業務の主務官庁 :経済産業省、環境省
URL https://www.jarc.or.jp/

◎自動車リサイクルシステム全般のお問い合せ先
自動車リサイクルシステム コンタクトセンター
☎ 050-3786-7755    平日 9:00~18:00  (土日祝日・年末年始を除く)

受賞作品
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ