プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

岡崎市役所

キャイ~ン天野ひろゆきさん、 地元・岡崎市で「1日広報課長」に就任!

10月31日 10:00

岡崎市役所

キャイ~ン天野ひろゆきさん、
地元・岡崎市で「1日広報課長」に就任!
名刺は超特大のB2サイズ!? 岡崎愛溢れる法被姿も披露

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810309761-O1-fI3A1qUG

■キャイ~ン天野さんが1日広報課長に! 名刺はB2の特大サイズ!?              
本イベントは、市内外問わず多くのかたに岡崎市を好きになってもらうための取り組み「シティプロモーション」の一環として実施したトークイベントです。岡崎市出身のお笑い芸人・天野ひろゆきさんを「1日広報課長」として迎え、231人の来場者を前に、岡崎市の魅力を存分に語っていただきました。
イベントの冒頭では、1日広報課長任命式を実施。岡崎市の安藤広報課長から天野さんへ、1日広報課長の証としてB2サイズの特大名刺の授与を行いました。天野さんは、見たこともないほど大きな名刺に「これ、名刺だったんですね!?」と驚きの表情を見せながらも、「逆に1日でいいんですか? 一生課長として、永久に岡崎の良さを伝えていきたいくらいですよ」と意気込みを語りました。
就任式後は岡崎市のシティプロモーションのテーマである「岡崎ハート」をあしらった法被へと装いを新たにした天野さん。最初のお仕事は、お客さんへの「挨拶回り」も兼ねた「フォトセッションタイム」。客席を練り歩きながら一列ずつ立ち止まって客席の声援に答えたり、小さな子供に声をかけたりするなどファンサービスたっぷりの天野さんに、会場は大きく盛り上がりました。

■岡崎の好きなとこ、言ってみりん! トークセッションでは岡崎愛が炸裂!?
続いて会場には大きなスクリーンが登場。「岡崎の魅力」を、写真とともに紹介するトークセッションに移ります。天野さん自身が選んだ「岡崎グルメ」や「岡崎スポット」をはじめ、さまざまな岡崎の魅力について、トークを繰り広げました。徳川家康公が生まれた場所とされる「岡崎城」についてのトークでは「実は僕、徳川家康公とほぼ同じ人物かもしれないんです」と驚きの自説を披露。「眼鏡をかけている」「天ぷらが好き」などの共通点を挙げ、会場の笑いを誘いました。また、「岡崎グルメ」についてのトークではカリカリとした食感が特徴である岡崎の「うな重」について熱弁。幼い頃から通っていたといううなぎ屋さんについて、「今でも帰省のたびに予約しています」と、熱い岡崎愛を炸裂させました。
その後は、天野さんと客席が直接掛け合いをするパネルトークのコーナーへ。お客さんに事前に答えていただいた「岡崎の好きなグルメ」「岡崎の好きなスポット」の2つの質問について、客席とのトークを繰り広げました。天野さんが幼い頃からなじみ深い「南公園」を挙げたお客さんとのトークでは、「初めて家出をした時に行った場所が南公園だった」と暴露。「花火をしていたら父親に見つかり、こっぴどく怒られた」と思い出を語り、会場は温かな笑いに包まれました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810309761-O6-n422mce0

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810309761-O16-F4LMX1l4

イベントの終了間際には、「発展することも大事だけれど、城下町の風景や老舗のような、岡崎ならではの魅力を愛して、守っていってほしいです。僕も年1回は東京から帰ってきて『岡崎愛』を感じたいと思います」と締めくくった天野さん。最後には客席と一緒に集合写真を撮影し、終始和やかな雰囲気の中イベントは終了しました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810309761-O13-hH214RtT

<イベント後・天野さんコメント>

ずっと岡崎にいても、なかなか街の良さに気付くことは難しいと思います。僕自身東京に出てから岡崎の魅力にたくさん気付くことができました。そういう意味で、今回の1日広報課長を務められると聞いた時は嬉しかったです。
岡崎は歴史ある街。発展も大事だけれど、岡崎ならではの良さは守っていくことが大切です。市民ではないかたも、まだまだ日本人が知らない岡崎の魅力がたくさんあるので、愛知に来た際には是非岡崎にも足を運んでみてください!

<岡崎市広報課 担当者コメント>
今回、1日広報課長を天野さんに務めていただいたのは「岡崎市も天野さんのように、幅広くたくさんのかたに愛される街にしていきたい」という想いがあるからです。四季を感じられる川沿いの風景や美味しいグルメ、歴史や地域独自の伝統的なお祭りなど、良いところがたくさんある岡崎。ぜひ、足をお運びください。

■岡崎市のシティプロモーション活動について
岡崎市では、「人が集まり、活力を持った都市」となるために、2015年よりシティプロモーション活動を実施しています。市内市外を問わず、多くのかたに岡崎を好きになってもらい、岡崎との関係を深めてもらうためのさまざまな活動を行っており、岡崎に行きたい、また来たい、いつか住んでみたい、そう思ってくれる人が沢山いる未来を目指しています。
コンセプトは「岡崎ルネサンス」。徳川家康公、八丁味噌、乙川などの伝統的で魅力ある資産を大切にしつつ新しいものを取り入れることで、今までになかった新しい魅力をつくり出し、発信しています。
また、「岡崎ルネサンス」は2018年より、新たなテーマ「岡崎ハート」を掲げています。岡崎と縁を結んだ人々がまちへの思いやエピソードを披露するWEBコンテンツ「岡崎ハートストーリー」や、岡崎にまつわる「好き」を集めた「岡崎ハートマップ」など、たくさんの岡崎愛「岡崎ハート」を集結させ、まちへの気持ちが自然と高まる活動体を生み出します。
■岡崎市シティプロモーションの詳細はこちら:https://citypromotion.okazaki-kanko.jp/

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810309761-O15-Zw46V69T

<告知>写真でまちをもっと知ろう!「岡崎カメラがっこう」開催
写真で小豆島の魅力を発信している三村ひかりさん(岡崎市出身)と、音楽、広告、ファッションなど幅広いジャンルで活躍する写真家MOTOKOさんを講師に迎えて開催する「岡崎カメラがっこう」は、ただ「撮る」だけではなく、写真を通してまちの魅力を発見・発信する力を身につけていただくための新しい取り組みです。講師であるおふたりの「トークライブ」はもちろん、実際にまちを歩いて人と触れあい話しながら、自ら見つけた岡崎の魅力をカメラで切り取る「スキルアップ講座」など全3コースをご用意。参加費は無料で、1コースからでも気軽にご応募が可能です。岡崎の魅力や、近年多くの人にとってさらに身近になった“写真”について、改めてじっくりと考えてみませんか?
■「岡崎カメラがっこう」の詳細はこちら:https://citypromotion.okazaki-kanko.jp/news/27

<スケジュール>
・トークライブ 
日程:2018/12/8(土)
テーマ:聞いてみりん ココが好き!岡崎 「いいね!って思う写真てなんだろう?」

・スキルアップ講座 前編・後編(全2回) 
日程:2019/1/19(土)、2019/2/2(土) 
テーマ:撮ってみりん ココが好き!岡崎 「カメラを持ってまちに出よう!」

・トークライブ
日程:2019/3/2(土)
テーマ:見てみりん ココが好き!岡崎 「考えてみよう!人とまちをつなげる写真って?」

※事前申込制です。
※各回定員がございます。応募者が定員を超えた場合は抽選となります。
※スキルアップ講座(前編・後編)は、両日程のご参加が必須となります。どちらか片方でのご応募は出来ませんのでご注意ください。
※スキルアップ講座(前編・後編)では、無料でOLYMPUS製カメラの貸し出しを行っております。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ