プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社キャタラー

アルペンスノーボード選手として活躍中の三木つばき選手と 「キャタラー」がスポンサー契約を締結

2018年10月29日

株式会社キャタラー

化学メーカーの株式会社キャタラー(本社:静岡県掛川市、代表取締役社長:砂川博明)は、アルペンスノーボード競技で世界的に活躍している、掛川市在住 三木 つばき(みき つばき)選手とスポンサー契約を締結しました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810189343-O1-Lw4r55cH
三木つばき選手は、元JSBA(日本スノーボード協会)テクニカル選手権優勝者(JSBA公認デモンストレーター)の父親指導のもと、4歳からスノーボードを始め、小学6年生には、SAJ(全日本スキー連盟)全日本ジュニア選手権にて、中高生を抑えるタイムで小学生の部で優勝。史上最年少11歳でアルペンスノーボーダーのプロ選手となる。プロ1年目で、PSA ASIA(※1)プロランキングで3位(alpine女子3位 / 2015-16)となり、ルーキーオブザイヤー賞を受賞した。
中学1年生、プロ2年目には、PSA ASIAプロランキング年間優勝(alpine女子1位 / 2016-17)を果たし、Best Rider of the yearも受賞。海外でのジュニアレースにも5戦出場し、5戦すべて優勝。昨年、中学2年生で、SAJナショナルチーム強化指定ユースに選抜。今年、ヨーロッパ各国を転戦するアルペアドリアシリーズ戦 / 2017-18で、15歳以下女子の部シリーズチャンピオンを果たす。
これから、来年2月に平昌と北京にて開催される「スノーボード・ワールドカップ(2018-19 FIS Snowboard World Cup)」の出場権獲得に向け、アメリカやヨーロッパの国際大会にエントリーをしていく。
 株式会社キャタラーは、国内外の強豪に戦いを挑み、次なるステージに羽ばたく三木選手の活動をサポートしてまいります。今後、三木選手は競技ウェア等に「キャタラーロゴ」を掲出して大会に出場します。(※2)

(※1)PSA ASIA:Pro Snowboarders Association ASIA(プロスノーボーダーズ・アソシエーション・アジア)国協会公認プロスノーボーダーによる選手会
(※2)公式戦において全日本スキー連盟等が指定するものを使用しなければならない場合を除く

【三木つばき選手プロフィール】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810189343-O2-C0hQowwM
写真/PSA ASIA  撮影/GOKATSU

生年月日: 2003年6月1日生まれ(15歳)
出身地    : 長野県白馬村生まれ(5歳より静岡県掛川市在住)
身長       : 171cm
体重       : 63kg
ランキング  :PSA ASIA / alpine女子1位 (season16-17)

▼主な戦績(2017-18)
・ 2017年12月 アルペアドリアスノーボードカップ(イタリア)     PSL Schüler 2(14-15歳の部)   優勝
・ 2017年12月 アウディスノーボードシリーズ ナイトオープン(スイス)  GS 女子U15(15歳以下の部)  優勝
・ 2018年  1月 アルペアドリアスノーボードカップ(オーストリア)     PSL Schüler 2(14-15歳の部)    優勝
・ 2018年  1月 ブラックパールカップ(登別)※プロ初戦          GS                            優勝
・ 2018年  1月 アルペアドリアスノーボードカップ(イタリア)     GS  Schüler 2(14-15歳の部)  優勝

《 PSL:PARALLEL SLALOM / パラレルスラローム 》
旗門の設置されたコース(旗門間隔13m前後)を2人1組で同時に滑り降りタイムを競う。アルペン競技の中では最もコースが短く(標高差180~220m)、旗門数は多い(55~75程度)。「パラレル」とは、2選手が並行するコースを同時に滑る競技を意味する。回転は大回転に比べて、よりリズムのある細かいターンが要求される。

《 GS:GIANT SLALOM / ジャイアントスラローム 》
旗門の設置されたコース(旗門間隔23m前後)を比較的大きなターンをしてタイムを競う。スラロームと比べると、コースが長く(標高差300~450m)、旗門数は少ない(約39)。高速滑走とターンの技術が要求され、アルペン競技の基本形ともいえる。

▼三木つばき選手のコメント
こんにちは。アルペンスノーボーダーの三木つばきです。
この度、地元企業のキャタラーさんに応援していただけて、本当に嬉しく、また心強いです!
私の目標は、2022年に北京で開催される冬季オリンピックで優勝することです。
自分の目標を達成し、皆様に喜んでいただけるよう、全力で頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いします!

▼株式会社キャタラーは、掛川市のシティプロモーションを推進している企業ですが、
輝くかけがわ応援大使でもある三木つばき選手は、今後どのような形で地元を盛り上げたいと思いますか?
スノーボードの魅力やカッコよさを、地元のみなさまに伝えられる選手になりたいです。
キャタラーさんや掛川市のイベントなどを介して、地元の皆さまと交流できる機会をこれまで以上に築いていければと思います。
そして、雪山で輝いている私を見ていただける機会が増えるよう、結果にこだわり競技を頑張っていきたいと思います!

—————————————————-
  三木つばき スポンサー発表記者会見(仮)
—————————————————-
≪日程≫
・12月24日(月) ※振替休日
≪時間≫
・午前10時~(受付開始:9時30分)
≪場所≫
 ・さんりーな(東遠カルチャーパーク総合体育館) 住所:静岡県掛川市大池2250

※詳細は決定し次第、キャタラー公式HP(https://www.cataler.co.jp/)にて発表

■会社概要
( 会 社 名 ) 株式会社キャタラー
( 設   立 ) 1967年5月8日
( 本社所在地 ) 静岡県掛川市千浜7800
(  企 業HP  ) https://www.cataler.co.jp/
                     

握手
プロフィール用
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ