プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

電通ベンチャーズ、人体微生物叢の検査サービスを提供する米国「ユーバイオーム社」に出資

2018年10月29日

株式会社電通

電通ベンチャーズ、人体微生物叢の検査サービスを提供する米国「ユーバイオーム社」に出資

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博)が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」(以下「電通ベンチャーズ」)は、人体微生物叢※の検査サービスを提供する米国「uBiome, Inc.」(本社:サンフランシスコ市、CEO:Jessica Richman、以下「ユーバイオーム社」)に出資しました。

ユーバイオーム社は現在、医療機関の処方する検査キット、消費者向け検査キットの双方を提供し、世界最大級の人体微生物叢ライブラリーの構築を行っています。 
今後、同社は構築したライブラリーを生かし、検査サービスのみならず創薬などの幅広い領域においてビジネスを展開していく予定です。

一方、電通ベンチャーズは、ユーバイオーム社とさまざまな企業を結び付け、人体微生物叢の分析技術やライブラリーを活用した新たなビジネス開発・商品開発等を推進していくことで、同社の事業成長を支援していきます。

※人体微生物叢(じんたいびせいぶつそう)とは、人体の内部・表面に存在している微生物の生態系。消化やビタミンの合成などさまざまな機能を担い、人間の気分や行動、健康状態にも影響を与える。

ユーバイオーム社と電通ベンチャーズの概要は次のとおりです。

<ユーバイオーム社の概要>
社   名:uBiome, Inc.
本社所在地:米国カリフォルニア州サンフランシスコ市
設立年月日:2012年10月15日
代 表 者:Jessica Richman(CEO)
事業内容 :人体微生物叢分析サービスの提供・ライブラリー構築
URL   :https://ubiome.com/

<電通ベンチャーズの概要>
名  称:電通ベンチャーズ1号グローバルファンド(Dentsu Ventures Global Fund I)
ファンド総額:100億円
ファンド組成時期:2015年4月
運用期間:2025年3月までの10年間を予定
投資地域:米国、欧州、日本、アジアなどグローバルに投資
投資ステージ:シード/アーリーステージを中心としつつ、ミッド/レイターステージも含む幅広いバランス投資
投資領域:(1)広義のマーケティング/コミュニケーションビジネスを変革しうる領域
     (2)上記に当てはまらなくともイノベーティブでポテンシャルの高い新領域
URL  :http://dentsu-v.com/

以 上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ