プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人上智学院

2020年秋学期から新たな英語学位プログラム 「Sophia Program for Sustainable Futures」を新設

2018年10月26日

上智大学

2020年秋学期から新たな英語学位プログラム「Sophia Program for Sustainable Futures」を新設

新聞学・教育学・社会学・経済学・経営学・国際関係論・地域研究の7つの専門分野において英語で学位取得が可能に

上智大学(東京都千代田区、学長:曄道佳明)は、スーパーグローバル大学創成支援事業の構想に基づき、2020年度秋学期より、英語による学位取得プログラム「Sophia Program for Sustainable Futures (SPSF)」を新設します。

本プログラムは、既存の総合人間科学部教育学科・社会学科、経済学部経済学科、総合グローバル学部総合グローバル学科(いずれも2020年開設)、文学部新聞学科(2021年開設)、経済学部経営学科(2022年開設)の6つの学科に新設されるコースです。 いずれも受験(出願)時に学科を選択し、各学科が持つ専門分野 (新聞学・教育学・社会学・経済学・経営学・国際関係論・地域研究)を英語で学び、学位(学士)の取得を目指します。本学学士課程においては、国際教養学部、理工学部英語コースに次いで、3番目となる英語学位プログラムとなり、先行するこれらのプログラム同様、国内外を問わず広く志願者を募ります。

SPSFは、都心のワンキャンパスに全ての学部が集う本学の強みを生かし、それぞれの専門分野の学びを深めることに加え、各学科の相互協力による学際的な学びを設けることが大きな特長です。また、各学科のカリキュラムに関連する他学科の科目を履修するクロスリスティング制度も活用することで、自領域に加え、他領域の視点や思考法を学び、多様性に対する感性を養うことにも重点をおいたプログラムを提供します。

本学は、1949年の国際部の創設以来、半世紀以上にわたって英語による授業を行い、多国籍の学生や教員、研究者を受け入れて、日本の大学のグローバル化を牽引してきました。グローバル化が急激に進む昨今、国・地域を越えた地球規模の課題や多様な価値観がぶつかり合う解決が困難で複雑な課題などが噴出しています。SPSFでは、このような新たな課題解決に取り組み、それを乗り越えていく力を養うカリキュラムを構築。本学がこれまで培ってきた経験と知見を踏まえ、専門性を軸に、多様性の理解と実践力を併せ持つ人材の育成に取り組んでまいります。

■概要
[名称] Sophia Program for Sustainable Futures (SPSF)

[開設先および開設年次]
2020年9月: 総合人間科学部教育学科・社会学科、経済学部経済学科、総合グローバル学部総合グローバル学科
2021年9月: 文学部新聞学科
2022年9月: 経済学部経営学科

[キャンパス] 四谷キャンパス
[対象] 国内外を問わず12年の教育課程を修了した者
[学位] 学士(新聞学・教育学・社会学・経済学・経営学・国際関係論・地域研究のいずれか)

■プログラムの特長
(1)全ての授業科目を英語で学び、7つの専門分野で学位取得が可能に
英語による授業科目に加えて、日本語能力向上を目指す学生のための日本語科目や、SPSF以外で開講される日本語による専門科目の授業を受講することも可能に。

(2)テーマに基づいた学習により課題意識と解決力を養成
共通テーマとして、コース名にもなっている「Sustainable Futures(持続可能な未来)」を設定、4年間を通じてそのテーマに連なる課題を意識し、他領域の学生が課題解決に向けて協働する場を設けます。

[1年次]
「Sustainable Futures」を考える上での基礎となる理論や方法論、実践的な取組み事例を学ぶ講義科目、グループワークを通して課題解決手法について学ぶ演習科目
[2~3年次]
各学科の専門科目を通じて、アカデミックな視点による課題解決方法を学ぶ
[3~4年次]
具体的な課題解決に向けたグループワーク中心の演習科目
課題を追求したい場合は卒業論文やゼミ論文としてまとめることも可能

(3)実践的な学びの場の提供
フィールド調査、インターンシップなど、学内外における実践的な学びの場を設けます。学外のフィールドは日本国内だけではなく、アジアを中心とした世界各国も対象とし、本コースの学生が参加可能な海外大学への留学プログラムや、海外でのフィールド調査・インターンシッププログラムなども設けられる予定です。

入学試験等について(予定)
[入学時期] 秋入学(9月入学)のみ
[入試方法]
書類選考
(SAT/ACTスコア、TOEFL/IELTS/IB Diplomaスコア、エッセイ等による書類選考)
[入試時期]
第1期:11月~12月出願、2月合否発表
第2期:3月~4月出願、5月合否発表

[募集人員] 各学科若干名 (各学科の入学定員の範囲内)
[学費] 検討中

※本プログラムは現在計画中であり、内容が変更になる可能性があります。

プレスリリースは本学公式サイトからもご覧いただけます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ