プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社明治

「明治デイリーリッチ」がチルド洋風食品として初めて日本野菜ソムリエ協会より公認

2018年10月26日

株式会社 明治

明治×日本野菜ソムリエ協会
「明治デイリーリッチ」が素材をおいしく楽しめるチルド洋風食品として
初めて日本野菜ソムリエ協会より公認されました!
11月1日(木)より、野菜ソムリエ考案オリジナルレシピを公開!

 株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)が発売するチルド洋風食品「明治デイリーリッチ」が、素材をおいしく楽しめる食品として、初めて一般社団法人日本野菜ソムリエ協会に公認されました。
 これは、野菜を活用した商品や活動を公認し推奨している日本野菜ソムリエ協会に、生活者が野菜を もっとおいしく、楽しく食べるきっかけとなる食品として公認されたことを示しています。これを機に、当社は日本野菜ソムリエ協会と協力し、「明治デイリーリッチ」を使ったレシピ提案や店頭での試食などを通じて、素材本来のおいしさを手軽に楽しめる情報を発信してまいります。まずは第1弾として、11月1日(木)より、「明治デイリーリッチ」のブランドサイト内に、「明治デイリーリッチ×日本野菜ソムリエ協会」の特設ページを公開いたします。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O17-1QvYl2iD

■11月1日(木)公開!野菜ソムリエプロ 日高直子さん考案!10分で本格味!「れんこんときのこのデミシチュー」
紹介レシピ:調理に時間がかかると思われるシチューですが、「明治デイリーリッチ 基本のデミグラスソース」を使えば、これ1つで味がキマるので、お好みの野菜を加えて煮込むだけ!他の調味料を使わず、お手軽に作ることができます。ここでは、きのこ、玉ねぎ、トマトといった水分が多く出る野菜を使う事で加える水分量を極力減らし、野菜の美味しいスープで
煮ていくのがポイント。コクのあるソースに、野菜のうま味と甘味が加わっ
て、まろやかで味わい深い本格デミシチューの完成です。
「明治デイリーリッチ 基本のデミグラスソース」で野菜のおいしさを楽し
んでください。
※レシピは11月1日(木)から公開予定の特設ページ内でご覧いただけます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O19-937g9G59
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O18-6O4sx08u

■「明治デイリーリッチ」について
「明治デイリーリッチ」は、工場から店頭まで冷蔵便でお届けするため、素材本来の食感や風味をキープし、新鮮なおいしさをご家庭でお楽しみいただくことができるチルド洋風食品です。
商品ラインアップは以下の通りです。
≫「明治デイリーリッチ」ブランドサイト
URL:https://www.meiji.co.jp/foods/chilled_frozen/daily-rich/products/

●レンジで彩りスープシリーズ
    
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O7-q4hrx9o2 】      
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O10-E5bxOcb7 】         
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O9-D891JLJ6
「甘みひき立つあら挽きコーンスープ」  「グリル野菜のミネストローネ」 「北海道産生クリーム仕立てじゃがいものポタージュ」

             
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O3-p8II36e5 】                             
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O2-kpS2455d
「ほっこり甘いかぼちゃのポタージュ」 「あめ色たまねぎのこく深いオニオンスープ」

              
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O5-lIlhd9Eu 】                             
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O11-68X0sTrs
     「ボストン風クラムチャウダー」            「7種野菜のしょうがコンソメスープ」
                              希望小売価格:各220円(税別) / 238円(税込)

●基本のソースシリーズ
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O12-7IT9Z6r0 】        
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O13-vJ9DRr03 】     
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O14-eZ2Ic260
   「基本のトマトソース」     「基本のクリームソース」    「基本のデミグラスソース」
                希望小売価格:各330円(税別) / 356円(税込)

●レンジでごちそうカレーシリーズ

   
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O6-PUT4y1hh 】           
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O15-m5Fzc836 】         
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O1-z5n94Uu2
「タイ風グリーンカレー」      「インド風チキンカレー」   「インド風ビーフカレー」 

                      
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O16-1q06YZHd 】          
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259586-O4-wffCVim2
                  「バターチキンカレー」          「キーマカレー」
                     希望小売価格:各280円(税別) / 302円(税込)

■野菜ソムリエとは
野菜・果物の知識を身につけ、その魅力や価値を社会に広めることができるスペシャリストです。
全国で5.5万人の『野菜ソムリエ』が生産者と生活の架け橋となることを使命に、野菜・果物の魅力を伝える活動をしています。  
≫協会公式サイト  URL: https://www.vege-fru.com/

■野菜ソムリエの主な活動
・イベント ・セミナー講師 ・企画 ・メディア出演 ・講演 ・執筆 ・レシピ開発 
・商品開発 ・コンサルティング ・商品や農産物のブランディング 
・売り場や店舗のプロデュース ・青果物に対するエビデンス提供 ・料理教室主宰          
・地方創生に係る提案や実施   
…他さまざまなステージで、個々の個性や専門性に合わせて活躍中

■運営団体 一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会について 
創立   2001年8月7日
理事長  福井 栄治
所在地  東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル4F
事業   野菜ソムリエの資格提供と育成 各種講座やコンテンツの企画開発・提供

当協会では生活者が毎日の食を、おいしく楽しく、そして健康的に過ごせるよう野菜・果物を活用した商品や活動を監修・公認しています。

インド風ビーフカレー
オニオンスープ
かぼちゃのポタージュ
キーマカレー
クラムチャウダー
グリーンカレー
コーンスープ
じゃがいものポタージュ
ミネストローネ
しょうがコンソメスープ
基本のトマトスープ
基本のクリームソース
基本のデミグラスソース
インド風チキンカレー
バターチキンカレー
野菜ソムリエ
日高さん
れんこんときのこのデミシチュー
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ