プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社紀伊國屋書店

「2018年読書の秋」の紀伊國屋書店各種イベントについて

2018年10月26日

株式会社紀伊國屋書店

「2018年読書の秋」の紀伊國屋書店各種イベントについて

 株式会社紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長 高井 昌史)は、「読書の秋」を迎え、新宿本店を中心に、国際的な文化交流や新売場の開設など多彩なイベントを実施して参ります。

○11月1日(木)~11月30日(金)の期間に、駐日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本と共催で、「日仏交流1  60周年 フランス語翻訳書籍フェア」を、新宿本店2階催事場・梅田本店・札幌本店・福岡本店で実施いたします(梅田本店と 福岡本店は、11月15日(木)終了)。このフェアでは、主に近年和訳されたフランスの書籍を、文学、コミック、児童書から 人文・社会科学の書籍まで幅広いジャンルにわたって取り揃え、特設販売いたします。
  なお、新宿本店では11月1日(木)10時30分から、株式会社紀伊國屋書店代表取締役会長兼社長の高井昌史がフェア会場に ローラン・ピック駐日フランス大使閣下をお迎えし、オープニングセレモニーを実施いたします。オープニングセレモニー後 の11時から12時30分に、新宿本店9階イベントスペースで「フランス語翻訳書籍フェアプレス発表会」を行います。12の出 版社より新しくフランス語から和訳された書籍を紹介します。(詳しくは別紙の報道機関への招待状をご参照ください)。
  また、11月16日(金)には、新宿本店9階イベントスペースで、フェアの関連イベントとして、作家・オリヴィエ・ゲーズ 氏×文芸評論家・佐々木敦氏×翻訳家・高橋啓氏の鼎談を実施します。

○11月22日(木)、新宿本店1階に、新売場「B zone」を開設いたします。
  1階の新刊雑誌売場(英語の売場名称を「A zone」とします)と洋書売場(同じく「C zone」とします)の間にできる新売 場「B zone」では、本の今を映し出す様々なブックフェア・イベントを開催して参ります。オープニングイベントとして、11 月22日(木)から株式会社集英社との共催で「羽生結弦フェア」を開催いたします(11月29日(木)終了予定)。
  また、当社ウェブストアをご利用されている大勢のお客様から好評をいただいているウェブからリアル店舗への送客施策で ある店舗受取サービス・在庫取置サービスの商品受取カウンターを2階から1階B zoneに移し、お客様の利便性の向上を図りま す。

○韓国最大規模の小売書店チェーン・株式会社教保文庫との業務提携の一環として同社から韓国書を仕入れ、11月22日(木)か ら店頭販売を開始します。初回の仕入れ数は約2,000冊で、新宿本店1階「B zone」(1月上旬までのブックフェア)と7階語 学書売場(常設)に展示いたします。

○新宿本店4階の紀伊國屋ホールでは、通常の演劇公演に加えて、以下のイベントを実施いたします。
 10月31日(水)第286回新宿セミナー@Kinokuniya『流転の海』シリーズ完結記念トークイベント壮大な生老病死の劇を描く」宮本輝氏×小川洋子氏
 11月16日(金)第288回 新宿セミナー@Kinokuniya 中村文則氏×又吉直樹氏「小説を書く人間」
  11月19日(月)知的書評ゲーム「ビブリオバトル★スター決戦」

 上記の他にも新宿本店では、今年1月に9階へ移転したイベントスペースで、週5回のペースで多彩なイベントを実施し、リアル書店でしか味わえない著者と読者との出会いの場を提供して参ります。

リリースに関するお問い合わせ先:株式会社紀伊國屋書店総務部広報担当 info@kinokuniya.co.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ