プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アールシーソリューション株式会社

訪日外国人観光客向けWebメディア「MATCHA」が多言語災害情報配信サービス『防災クラウド』を導入

2018年10月26日

アールシーソリューション株式会社

訪日外国人観光客向けWebメディア「MATCHA」が
多言語災害情報配信サービス『防災クラウド』を導入

アールシーソリューション株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:栗山章)は多言語災害情報配信サービス『防災クラウド』が、訪日外国人観光客向けWebメディア「MATCHA」に導入されたことをお知らせします。
「MATCHA」は株式会社MATCHA(本社:東京都台東区、代表取締役:青木優)が運営しており、10月25日からサイト内にある多言語対応災害情報ページ『Stay Safe in Japan』にて防災クラウドの情報が活用されています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259569-O2-7jjQ8weg

訪日外国人観光客向けWebメディアMATCHAとは
「MATCHA」は月間PV500万以上を超える、日本最大級の訪日メディアです。日本全国の観光情報のほか、日本文化や便利な情報などを日々発信しています。

Stay Safe in Japanとは
『Stay Safe in Japan』は、Webメディア「MATCHA」のページの1つです。多言語に対応した災害情報ページであり、『防災クラウド』を活用して地震情報、火山情報、気象特別警報等を利用者に提供します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810259569-O1-uJ73nZ1d
防災クラウドとは
防災クラウドは地震や津波、噴火、大雨など様々な災害情報を配信できるシステムです。情報は英語、中国語(簡体字/繁体字)、韓国語、日本語の5言語に対応し、Web APIとPush通知で情報を提供します。災害情報だけではなく、防災知識を学ぶコンテンツも用意しています。

基本情報
アールシーソリューション株式会社
2002年8月設立。2010年11月、緊急地震速報通知アプリ『ゆれくるコール』リリース。2011年10月、降水予測アプリ『あめふるコール』リリース。2014年10月、外国人旅行者向け災害時情報提供アプリ『Safety tips』リリース。2017年3月、東京都オープンデータ防災アプリコンテストにて『ゆれくるコール』が来場者特別賞と特別賞を受賞。ITを活用して社会の安心に貢献するシステム開発に取り組んでいる。

Stay Safe in JAPAN
トップページ/災害情報提供画面イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ