プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本映画放送株式会社

武田鉄矢の前にホンモノの龍馬(三宅弘城)がタイムスリップ!「小河ドラマ 龍馬がくる」放送・上映決定!

2018年10月25日

日本映画放送株式会社
関西テレビ放送株式会社

武田鉄矢の前に、ホンモノの龍馬(三宅弘城)がタイムスリップ!
時代劇専門チャンネル×関西テレビが初のタッグ!
オリジナルドラマ「小河ドラマ 龍馬がくる」放送・上映決定!

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810249533-O16-F6XXQQbY

“「大河」じゃないぜよ、「小河(しょうが)」ぜよ!”
奇才ギャグクリエイター 細川徹が放つ、“非”本格派時代劇・第2弾!
まさかの連ドラ! まさかの地上波進出! まさかの劇場上映!
「小河(しょうが)ドラマ 龍馬がくる」 放送&上映決定!!

時代劇専門チャンネル × 関西テレビ × 渋谷ユーロスペース
地上波&CSの初タッグで放送・上映… 続々とくる!

“人生最後”の龍馬を演じる武田鉄矢の前に、ホンモノの龍馬(三宅弘城)が現れた!
...でも、思ってたのとぜんぜん違った!!
 昨年“スケールの小さい、笑える史実だけで織田信長を描く”というコンセプトの元、「大河ドラマ」ならぬ「小河(しょうが)ドラマ 織田信長」(時代劇専門チャンネル・日本映画専門チャンネル製作)を世に放った、奇才ギャグクリエイター細川徹。同作はマニアックなファンの間で熱狂的な人気を博したが、それから1年。明治維新・戊辰戦争から150年を迎えた2018年、本家・大河ドラマ「西郷どん」が盛り上がる中、細川徹率いるチーム小河が、年の瀬にこんな恐ろしい企画を用意していた!題して「小河ドラマ 龍馬がくる」だ!
 物語の舞台は2018年。「大型連続時代劇・坂本龍馬」に臨む武田鉄矢の前に、ホンモノの龍馬が現れる。が、龍馬は現代で自分がカリスマとして扱われていることに困惑。劇中のエピソードを「史実ではあるが、マニアックでちょっと笑えるエピソード」ばかりに書き換えてしまい、現場を混乱に陥れる、というオリジナルストーリーだ。

【動画: https://www.youtube.com/watch?v=BOmmfP20byo
 監督・脚本はアニメ「深夜!天才バカボン」でも奇才ぶりを発揮した気鋭のギャグクリエイター細川徹が前作に続いて担当。坂本龍馬に扮するのは、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の番頭・亀助役でブレイク、この冬には宮藤官九郎演出の舞台「ロミオとジュリエット」でロミオ役を演じる三宅弘城。前作の織田信長に続いて、今度は坂本龍馬を演じる。劇中劇で坂本龍馬を演じる主演俳優役は、自他ともに認める龍馬の大ファン武田鉄矢が、なんと「人生最後の龍馬」を演じる本人役として出演!青春時代から憧れ続けた本物の龍馬と初対面を果たすことになる武田、一体どうなってしまうのか?そして劇中劇で武田と年が離れすぎた妻を演じるのは、ミスセブンティーン2017グランプリであり、初出演のドラマ「チア☆ダン」も好評、CM等でも話題の美少女・箭内夢菜が、こちらも本人役として時代劇(?)初出演を果たす!さらに武田鉄矢のマネージャー役に「仮面ライダードライブ」で注目を浴び、本格派の風格漂う稲葉友、劇中劇プロデューサー役は前作でも異彩を放った山崎銀之丞、劇中劇の西郷隆盛役に皆川猿時と、超個性派たちが脇を固める。
 「小河ドラマ 龍馬がくる」は10月初旬に無事撮影を終了。今作は時代劇専門チャンネルと関西テレビが初めてタッグを組み共同制作した。【ドラマ版(全4話)】は11月27日(火)24時55分~4週連続で関西テレビにて放送予定。また、12月30日(日)21時00分~時代劇専門チャンネルで全4話+【特別篇・もっと小さな小河ドラマ】を一挙放送予定。さらに12月15日(土)~渋谷ユーロスペースで【劇場版】を特別レイトショー。また、若年層の視聴者にもアプローチを行うべく、見逃し配信等も随時実施予定。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810249533-O2-ZX97uD8u

【監督・脚本 細川徹コメント】
まさかの小河ドラマの第二弾です!
まさかの連ドラです!
そして、まさかの武田鉄矢さんが本人役で出演です!
武田鉄矢さんが憧れの坂本龍馬と出会ったらどうなってしまうのか!?
そんな思いつきから生まれた「小河ドラマ 龍馬がくる」。
放送を楽しみにお待ち下さい!

【細川徹プロフィール】
放送作家、脚本家、演出家、映画監督。大人計画所属。赤塚不二夫の『天才バカボン』(出演:松尾スズキほか)、『レッツラゴン』(出演:渡辺大知(黒猫チェルシー) 、荒川良々ほか)の舞台化や、『あぶない刑事にヨロシク』『さらば!あぶない刑事にヨロシク』(出演:皆川猿時 荒川良々)といったオリジナルのコメディ舞台を作・演出。一方で、映画監督としても活躍。2016年には杏の映画初主演作『オケ老人!』の監督・脚本を担当。また、テレビ東京『深夜!天才バカボン』では初めてアニメ作品の監督・脚本に挑戦。暴走した展開の連続で毎回ネットを賑わせた。そんな細川徹が前作『小河ドラマ 織田信長』に続いて、今作も意欲満々で監督・脚本を務める。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810249533-O6-oGCLk3b2

【三宅弘城コメント】
まさかの「坂本龍馬」です。
しかも、もっとまさかなのは、武田鉄矢さんが参加されるのです!
龍馬といえば武田さん、武田さんといえば龍馬。
そんな武田さんと、今まで見たことのない
スケールの小さな坂本龍馬を作ってゆきたいと思います!

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810249533-O13-HwgzWgXc

【武田鉄矢コメント】
坂本龍馬と出会って50年、全てをこのドラマに注ぎ込みます。
驚かないでください!とんでもない龍馬の物語です。
私は本人武田鉄矢役で演技プランが立てられません。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810249533-O15-Ciq52NID

【箭内夢菜コメント】
今回、武田鉄矢さんの相手役を務めさせて頂くと伺い、大変驚きました! 
そして、いつもテレビで時代劇ならではの髪型や服装など拝見していて 
いつか自分もやってみたい!と思っていたので、今回やらせて頂く事が出来て本当に嬉しいです! 
精一杯頑張りますので、宜しくお願い致します。

【あらすじ】
 明治維新から150年を迎えた2018年。自他ともに認める龍馬ファンの武田鉄矢(本人)は「大型連続時代劇・坂本龍馬」で人生最後の龍馬役に臨もうとしていた。そこへ突如現れたのは、ホンモノの坂本龍馬(三宅弘城)。幕末からタイムスリップしてきたのだ。誰よりも早く彼が「本物」であることに気付いた武田は、「本物の龍馬にアドバイスをもらえば、今までにないリアルな坂本龍馬を演じることができる!」と考え、龍馬に「誰も知らない、ありのままのエピソードを教えて欲しい」と頼む。
 かくしてドラマの脚本は、本物の龍馬が語る“本当の”エピソードにどんどん書き換えられてゆくが、出てくるのは「幕末のカリスマ龍馬」のイメージを台無しにする恰好悪いエピソードばかり・・・。 「こんなことじゃ、本当に教科書から消えちゃうよ!」焦る鉄矢。
そんな龍馬に翻弄されながらも、進んでゆく撮影。共演者の新人女優・箭内夢菜(本人)も、恰好悪いエピソードに困惑するばかり。ドラマは果たして完成するのか!?そして武田鉄矢が愛する、龍馬の“本当の魅力”をきちんと伝えることはできるのか!?

【作品情報】「小河ドラマ 龍馬がくる」
監督:細川徹
脚本:細川徹 鍵谷友悟 宮澤一彰
出演:三宅弘城 箭内夢菜 稲葉友 皆川猿時 山崎銀之丞 / 武田鉄矢  ほか
製作:時代劇専門チャンネル 関西テレビ放送

◇TV放送【ドラマ版・全4話】
 11月27日(火)24時55分~ 関西テレビ にて 放送 (全4週・毎週火曜24:55~)
 12月30日(日)21時00分~ 時代劇専門チャンネル にて 全4話
+時代劇専門chだけの特別篇 【もっと小さな小河ドラマ THE劇中劇 「武田鉄矢主演 大型連続時代劇・坂本龍馬」】 一挙放送
◇劇場公開【劇場版】
 12月15日(土)~ 渋谷ユーロスペース にて 特別レイトショー

★「小河ドラマ 龍馬がくる」公式サイト www.jidaigeki.com/taigajanaizeyo2018/
★ 『小河ドラマ 龍馬がくる』公式TikTok  ※近日スタート予定!
  作中では、三宅弘城と武田鉄矢が海援隊の名曲「母に捧げるバラード」に合わせて踊り、短編動画共有アプリ「TikTok」に投稿、バズっていくシーンも! 150年の時を超え、龍馬が現代とシンクロする!?
★『小河ドラマ 龍馬がくる』公式Twitter  @taigajanaiyo_17
★『小河ドラマ 龍馬がくる』公式インスタグラム  @taigajanaiyo

「小河ドラマ 龍馬がくる」(C)時代劇専門チャンネル/カンテレ
細川徹
三宅弘城
武田鉄矢
箭内夢菜
「龍馬がくる」ロゴ(1)
「龍馬がくる」ロゴ(2)

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ