プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ドコモ・システムズ株式会社

ドコモ・システムズ、「社用車ドライバーのヒヤリハット実態調査2018」を実施

2018年10月24日

ドコモ・システムズ株式会社

ドコモ・システムズ、
「社用車ドライバーのヒヤリハット実態調査2018」を実施

ドコモ・システムズ株式会社は、社用車を運転するドライバーを対象に「ヒヤリハット※」の実態調査を実施しました。   ※重大な事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810119031-O1-G5G882V3

 本調査結果から、業務中にヒヤリハットを感じたことのある社用車ドライバーは86%にのぼることがわかりました。そのうち63.3%が、ヒヤリハットが実際の事故につながる危険性を感じています。また、ヒヤリハットの原因として、わき見運転や右左折時の不注意など「自分の運転」を挙げたドライバーは98.6%でした。

 さらに、ドライバーがひんぱんにヒヤリハットに遭遇している現状を、企業が把握しきれていないことも明らかになりました。ヒヤリハットの経験があったドライバーのうち、会社がその事実を「知らない」と回答した人は46%。その結果を裏付けるように、約6割の企業は安全運転指導を行っておりませんでした。

 会社としてドライバー 一人ひとりの安全意識を向上させ、事故予防をするためには、個人にあった安全運転指導が不可欠です。ドコモ・システムズは、通信型ドライブレコーダーのさらなる普及をすすめ、個々のドライバーの運転技術やクセを見える化し、的確な安全運転指導により、企業の交通事故防止への取組みをしっかりと支援してまいります。

【主な調査結果】
■「運転中にヒヤリハットを感じたことがある」86.0%

※以下はヒヤリハットを感じたことがあると回答した人が対象:
■ヒヤリハットのうち「事故につながったかもしれないものがあった」63.3%
■ヒヤリハットの原因として「左折時、歩行者に気付くのが遅くなったとき」や「わき見運転をしたとき」など、
 自分の運転に関連するものを挙げた人は98.6%
■会社がヒヤリハットの実態を「知らない」と回答した人は46.0%
■ヒヤリハットの原因になるような運転については「会社から改善のための指導をされない」58.5%

【調査概要】
・調査の目的:社用車のドライバーに対するヒヤリハットの実態把握
・調査対象:社用車のドライバー
・調査時期:2018年2月
  スクリーニング調査:2018年2月7日(水)〜9日(金)
  本調査:2018年2月9日(金)〜10日(土)
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査実施機関:ドコモ・システムズ株式会社
・有効回答数:スクリーニング調査4,093  本調査336

【調査結果詳細】
https://www.docomo-sys.co.jp/products/doco-car/driverecorder/oyakudachi/
※本調査結果(全文)をお読みいただくには必要事項をご登録いただきます。
※本調査結果を引用する場合は、出典の明記をお願いいたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810119031-O2-7asLqaTt

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810119031-O3-dw9qO3a2

 本調査レポートを無料でご覧いただけます
https://www.docomo-sys.co.jp/products/doco-car/driverecorder/oyakudachi/

社名ロゴ
調査レポート表紙
調査レポート①
調査レポート②
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ