プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

国立大学法人東北大学

核スピン由来のスピン流を世界で初めて検出

2018/10/23

国立大学法人 東北大学

核スピン由来のスピン流を世界で初めて検出
スピントロニクスに新たな可能性

【発表のポイント】
・原子核の自転運動であるスピン(核スピン)から生じるスピン流を検出することに世界で初めて成功した。
・従来伝導電子やスピン波が主な研究対象だった次世代エレクトロニクス・スピントロニクスに核スピンをも利用できる可能性が示唆された

【概要】
東北大学金属材料研究所の塩見雄毅助教(現 東京大学工学部特任講師)とヤナ・ルスティコバ氏(大学院博士課程・日本学術振興会特別研究員)、東北大学材料科学高等研究所の齊藤英治教授(現 東京大学部工学部教授兼任)らは、原子核の自転運動であるスピンの共鳴運動から生じたスピン流の検出に成功しました。この成果により、従来金属中の伝導電子や強磁性体中のスピン波が主な研究対象となっていたスピントロニクスという固体素子研究に、核スピンを取り入れる可能性が拓かれました。

本成果は2018年10月22 日(英国時間)に「Nature Physics」オンライン版で公開されました。

日本語ウェブサイト
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2018/10/press20181018-spin01.html

図1. 実験のセットアップの模式図(左)と、核スピン波の概念図(右)
図2. 観測されたスピンポンピング信号観測されたスピンポンピング信号。
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ