プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オカムラ

カンファレンステーブル「トラヴァース サテライト」が「German Design Award 2019」を受賞

2018年10月19日

株式会社オカムラ

カンファレンステーブル「traverse satellite(トラヴァース サテライト)」が「German Design Award 2019」を受賞

2018年10月、株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)のカンファレンステーブル「traverse satellite(トラヴァース サテライト)」が国際的に権威のあるドイツのデザイン賞「German Design Award 2019」を受賞しました。
「German Design Award」は2012年に設立されたデザイン賞で、ドイツ デザイン評議会によって運営されています。この賞は、ドイツ デザイン評議会の推薦を受けて初めて応募ができるという点が特徴的で、今回は世界中から5400件以上の作品が推薦され、その中から受賞作品が選定されました。
今回カンファレンステーブル「traverse satellite(トラヴァース サテライト)」はExcellent Product Design部門の「Special Mention」を受賞し、オカムラは通算9点の受賞を誇ります。

■German Design Award 2019 Excellent Product Design部門「Special Mention」受賞
カンファレンステーブル「traverse satellite(トラヴァース サテライト)」

―「German Design Award」の概要―
ドイツ デザイン評議会によって運営されており、2012年に設立された制度で、「Excellent Product Design」と「Excellent Communications Design」の2つの部門で構成されています。
この賞の特徴は、既に優れたデザインとして一定の評価を受けている作品の中からドイツ デザイン評議会が参加作品を推薦する点です。推薦を受けて初めて応募でき、推薦されること自体が名誉とされています。
賞の構成は各カテゴリーの最優秀賞である「Gold」、特に優秀な作品に贈られる「Winner」、優秀な作品に贈られる「Special Mention」となっています。

―「German Design Award 2019」受賞製品の概要―
カンファレンステーブル「traverse satellite(トラヴァース サテライト)」
「traverse satellite」は、シンプルでデザイン性が高く機能的なカンファレンステーブルです。立ち会議向けのハイテーブルやラウンジ向けのローテーブル、サークル型など中型・小型サイズを展開。薄く美しい天板はさまざまな材質を取りそろえ、配線機能を兼ねたシンプルで強固なビームを採用することで、どんな空間でも圧迫感のないカンファレンステーブルを実現しました。
中間脚のない足元と、常にケーブルフリーを保つことのできる天板で、テーブルの美しさや使いやすさを損なわずにすっきりとしたカンファレンス空間を演出します。

カンファレンステーブル「traverse satellite(トラヴァース サテライト)」
German Design Award 2019 マーク
カンファレンステーブル「traverse satellite(トラヴァース サテライト)」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ