プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト、全国10都市で「中小企業お助け隊」の「クラウド活用による経営力強化セミナー」を開催

2018年10月18日

日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト、全国10都市で「中小企業お助け隊」の「クラウド活用による経営力強化セミナー」を開催
~中小企業お助け隊 アンバサダーの稲村 亜美さんとともに中小企業のIT環境の最新化を応援~

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201810179262-O1-U317RTMO
キャプション:クラウド活用による経営力強化セミナーを全国10都市で開催

 日本マイクロソフト株式会社は、「クラウド活用による経営力強化セミナー」を2018年11月~12月に全国10都市で開催します。

 この度、財務管理、経営コンサルタント、弁護士など中小企業のお客様の様々な課題解決をサポートする各分野のスペシャリスト集団「中小企業お助け隊」を結成し、「クラウド活用による経営力強化セミナー」において、人材育成・働き方改革・財務管理・コンプライアンス対応・営業力強化のテーマで講演を行います。

 また、「中小企業お助け隊」のアンバサダーには、タレントの稲村 亜美さんが就任し、複数のセミナー会場に駆けつけて、本セミナーのキャッチフレーズである「クラウドで新しい風を」にちなみ、「神スイング」をして中小企業のお客様のIT環境の最新化を応援します。

背景
 日本マイクロソフトでは、2020年1月14日に Windows 7、同年10月13日にOffice 2010のサポートを終了させていただくことから、Windows 7 と Office 2010からの移行先として、マイクロソフトの統合ソリューション「Microsoft 365」と、携帯性やセキュリティ対応に優れた最新のWindows 10搭載PC(モダン デバイス)をご提案しており、日本のお客様の状況を定期的に調査し公開しています。最新の調査から下記が判明しています。

●従業員1,000人以上の企業では、95%のお客様がWindows 10への移行に向けた取り組みを開始されているのに対して、中小企業では、Windows 7のサポート終了時期の認知が57%に留まり、半数近くの中小企業のお客様が、最新環境への移行に向けた取り組みに着手されていません。(出典:楽天インサイト 2018年9月)

●中小企業のお客様において、Office 365などのクラウドサービスを利用されている割合に地域差があり、とくに東京と、その他の地域を比較すると、東京以外の中小企業のお客様のクラウドサービスの利用は、東京の約半分に留まっています。(日本マイクロソフト調べ)

●日本の中小企業のお客様のPC買い替えサイクルは5.4年で、他国の平均よりも約1年も長くなっています。(出典:Techaisle 2018年8月)

●購入から4年以上経過したPCは、新しいPCよりも、故障して修理に出す頻度や、PCの起動などにかかる時間が多くなることから、年間129時間もの生産的な時間が奪われ、PC 1台当たり 年間349,983円相当の損失が発生しています。(出典:Techaisle 2018年8月)

 こうした状況を踏まえ、日本マイクロソフトでは、とくに中小企業のお客様において、Windows 7 および Office 2010のサポート終了を前に、最新環境への移行を早期にご検討いただきたいこと、また、東京と地方とでクラウドの活用に差があることから、中小企業のお客様を対象に、「クラウド活用による経営力強化セミナー」を全国10都市で開催することにしました。

「クラウド活用による経営力強化セミナー」および「中小企業お助け隊」について
http://aka.ms/smbotasuke

Windows 7 と Office 2010のサポート終了について
https://www.microsoft.com/ja-jp/business/windows/endofsupport.aspx

Windows 7とOffice 2010 から、最新のクラウド環境(Microsoft 365)への移行状況と移行支援施策について
https://news.microsoft.com/ja-jp/2018/10/17/windows7_office2010_20181017/

*Microsoft、Windows、Office 365は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
*Microsoft 365は、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

キャプション:クラウド活用による経営力強化セミナーを全国10都市で開催
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ