プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社コムデザイン

クラウドCTIの株式会社コムデザイン 通話録音を音声認識でテキスト化するサービスの無償トライアル提供開始

2018年10月17日

株式会社コムデザイン

クラウドCTIの株式会社コムデザイン
通話録音を音声認識でテキスト化するサービスの無償トライアル提供開始

株式会社コムデザイン(東京都千代田区麹町、代表取締役社長:寺尾憲二)は、同社が提供するクラウド型CTI「CT-e1/SaaS」での通話録音データを、音声認識によりテキスト化するサービスのトライアルを、限定30社様に2019年3月まで無償にて提供いたします。

コンタクトセンターにおける音声認識による通話データのテキスト化は、AI活用の第一歩としてますます重要な技術となりました。しかしながら、音声認識の導入は、その有用性を理解できても、認識率や導入コストなど、未知数な部分が多いという現実もあります。
そこで弊社のクラウド型CTI「CT-e1/SaaS」での通話録音データを、音声認識でテキスト化するサービスを、トライアルとして限定30社様に、2019年3月まで無償にて提供いたします。提供するサービスには、世界的に実績があり、高い認識率を誇る米国ニュアンス・コミュニケーションズ社の音声認識エンジン「Nuance Transcription Engine」を採用しています。
トライアル終了後は、そのまま有償サービスとして継続利用できます。初期費用150,000円、1,000分1,500円を基準として、導入しやすい価格設定を予定しています。

トライアル利用の条件は下記の通りです
・音声認識の認識率を上げるための辞書登録に協力いただけること(辞書登録は自然言語形式のテキストファイルを利用)
・リアルタイム認識ではなく、用意された管理画面に表示された通話録音リストから音声データを選択する形式での利用
・今後のサービス内容向上のために、トライアル期間中の認識データの分析、活用の承諾

弊社「CT-e1/SaaS」は、CTIが担うコンタクトセンターのハブ機能として、独自開発の優れた技術力を生かし、効率的でかつエンドユーザーに喜ばれるコンタクトセンター構築を実現するための次世代テクノロジーの導入をサポートします。

※『CTI』: Computer Telephony Integrationの略。電話とコンピュータの機能を連携させた統合システムのことで、コンピュータ上で電話の応答や転送などを自在に行える。

【ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社のエンドースメント 】
ニュアンスはコムデザイン様の「CT-e1/SaaS」での音声テキスト化サービス開始を歓迎いたします。音声認識や活用に対する関心が高まっている今日、弊社の音声認識エンジンが採用されたテキスト化サービスを導入いただくことで、お客様の業務効率向上などの付加価値をもたらすと確信しております。弊社は、最先端のAIや音声・言語ソリューションを通じて、多くのアプリケーション、システム、およびサービスで、より人間味ある会話を創り出し、人とテクノロジーの関係を改革していきます。

【 株式会社コムデザインについて 】
社名 :株式会社コムデザイン
代表者:代表取締役社長 寺尾憲二
資本金:76,200,800円
設立  :2000年1月12日
本社  :〒102-0083
東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麹町ビル8F
URL:  https://comdesign.co.jp

*本プレスリリースに記載されている社名及び製品名等は、各社の商標または登録商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ