プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

電通グループ、「スパイクス アジア2018」で、グランプリを含む計46の賞を受賞

2018年10月4日

株式会社電通

電通グループ、アジア太平洋地域を代表する広告賞「スパイクス アジア2018」で、グランプリを含む計46の賞を受賞

9月26日から28日、シンガポールで開催されたアジア太平洋地域を代表する広告賞「スパイクス アジア2018」(Spikes Asia 2018)※において、電通グループは15部門で計46の賞(グランプリ1、ゴールド6、シルバー12、ブロンズ27)を受賞し、イノベーション部門ではオーストラリアのグループ会社「BWM電通」(所在地:シドニー市)が最高賞であるグランプリに輝きました。
この結果、電通グループはクリエーティブエージェンシー・ネットワーク全体を表彰するNetwork of the Yearの第3位となり、単独のエージェンシーを表彰するAgency of the Yearにおいても電通は3位(日本の広告会社では最高位)に選ばれました。

また、同期間に開催されたYoung Spikes(ヤングスパイクス:現地で出された課題に対して、若手クリエーターが短時間でソリューションやアイデアを競う大会)では、電通はPR部門で優勝、デザイン部門で2位になったほか、フィリピンのグループ会社「ASPAC」がインテグレーテッド部門で優勝しました。

なお、当社グループから9人のクリエーターが審査員に選ばれ、各部門の作品審査に携わったほか、期間中に6つのセミナーを実施するなど、グループとして高いプレゼンスを示しました。

詳細はPDFをご覧ください。

※スパイクス アジアは、アジア太平洋地域(APAC)における高いクリエーティビティーを讃えることを目的に、毎年9月にシンガポールで開催されるAPAC最大級の広告コミュニケーションフェスティバルです。
応募作品はAPACで公開されていることが条件で、今年は合計26カ国・地域から全21部門に4,056作品のエントリーがありました。
https://www.spikes.asia/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ